カルト研究リハビリ・センター

2002年の1月に開所されて以来、カルト研究リハビリ・センターは、カルト問題で悩んでいる多くの方々を迎えて、カウンセリングを行なってきました。

2012年12月現在、その利用者数は700人を数えます。その中に、元エホバの証人や、元モルモン教徒や、元統一協会の信者がいます。また、カルト化したキリスト教会の信徒、及び、牧師もいます。更に、カルトから妻(あるいは夫)や子供を救出したいと願っている家族も相談に見えています。

個人的なカウンセリングは随時、受け付けています。なお、元カルト信者のための自助グループ『いたんだ葦の会』を年に6回、開いています。

カルト研究リハビリ・センターは誰のための施設ですか?
元カルト信者
カルトの中で傷つけられて癒しを求めている方、マインド・コントロールの後遺症で悩んでいる方、自分の考え・気持ちをきちんと整理したい方、聖書の真のメッセージを学びたい方、カウンセリングを受けたい方、是非、ご利用ください。長期のカウンセリングも可能です。
現役のカルト信者
自分の宗教団体に疑問を持っているが、確信が持てずグループに関する事実を確かめたい方、自分のグループとキリスト教会との違いを知りたい方、お気軽にご連絡ください。
キリスト教会の牧師
カルト問題に関する情報やアドバイスを喜んで、差し上げます。また、セミナー会場として、センターをお貸しします。
被害者の家族
カルト問題に関する情報やアドバイスを喜んで、差し上げます。また、セミナー会場として、センターをお貸しします。

集会への参加、あるいはカウンセリングをご希望の方は、 お気軽にお問い合わせください。 連絡先