カルトの脱会者による自助グループ『いたんだ葦の会』が、2019年3月11日(月) 午前10時半より、埼玉県新座市にあるカルト研究リハビリ・センター(西武池袋線東久留米駅より徒歩20分)で開催されます。

今回は特別ゲストとして、ジャン・ドウゲン師と、パスカル・ズィヴィー師を迎えて、『カルト問題に悩む家族に何ができるか』のテーマで講演をしていただきます。参加ご希望の方は、真理のみことば伝道協会の本部まで、お問い合わせ下さい(090-8044-5751)。

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント、NAR (New Apostolic Reformation: 新しい使徒的宗教改革) の広がりに警鐘を鳴らす記事です。

2018年にハーベスト・タイム・ミニストリーズから出版した書籍の全文を掲載します。

ぜひこの記事に目を通し、事実を受け止め、どうすべきかを考えて頂きたいと思います。

  • 麻原彰晃から青酸カリ入りの脅迫文書?
    1月25日に、複数の製薬会社に白い粉の入った脅迫文が届けられました。警視庁が簡易鑑定したところ、粉は猛毒の青酸カリの可能性が高いというのですが、届いた封筒の一部は「麻原彰晃」となっていました。オウム真理教と直接関係のない人間の悪質ないたずらなのか、それとも未だに麻原に帰依している熱狂的信者が行なったことなのか不明ですが、脅迫文に、「青酸カリを入れた。偽物の薬を作って流通する。2月22日までに350 […]
  • エホバの証人の2018年度伝道報告
    先日、発表された数字によると、エホバの証人の日本における増加率は相変わらず0%で、2000年から横ばい状態が続いています。過去20年間、16億時間以上、伝道活動に費やしているにもかかわらず、昨年の伝道者最高数は212,802人で、20年前と比較すると、1万人の減少です。受洗者数は2050人で(注:その半分は2世だと推測される)、記念式の参加者数は294,296人です。世界的に見て、組織の増加率は1 […]
  • グアテマラで二人のエホバの証人殺傷
    去る11月4日、中米のグアテマラで二人のエホバの証人女性がナイフを持った男性グループに襲われ、一人(木本結梨香さん、26歳)は死亡、一人(茂呂澤ちえさん、28歳)は重傷を負いました。二人は布教活動のために、三年前からグアテマラに渡り、同居していましたが、彼女たちが住んでいたグアテマラの奥地は治安が不安定だと言われており、若い女性二人での生活は非常に危険だった可能性もあります。現地メディアは、木本さ […]
  • ものみの塔に35億円の賠償命令
    アメリカのNBCニュースのブログに載っていた記事によると、児童に対する性的虐待が行なわれていた事実を知りながら、エホバの証人の長老たちが警察への通報を怠ったとして、9月29日にモンタナ州の裁判所から、ものみの塔聖書冊子協会に対して、35億円の賠償命令が出たそうです。被害者の名前は明らかにされていませんが、32歳と21歳の女性のようです。

聖書のミニメッセージ

2013.12.20

世界を驚かせたアーミッシュの愛

アメリカの中西部、特にオハイオ―州とペンシルバニア州にアーミッシュというクリスチャンのコミュニティがあります。ドイツ系移民の宗教団体ですが、移民当時の生活様式を保持し、農耕や牧畜によって自給自足の生活を営んでいます。昔の生活様式を守るために電気を使用せず、現代の一般的な通信機器も家庭にはありません。移動手段は馬車です。服装も極めて質素です。基本的に大家族主義であり、一つのコミュニティは深く互助的な […]
2013.10.28

出生率の低下という難問

 先日、人口統計学に基づいた衝撃的なドキュメンタリー映画を見ました。それによると、一つの民族が存続するためには、あるいは一つの文化が維持されるためには、どうしてもある一定の出生率が必要だそうです。2・11という出生率です。出生率とは、一人の女性が一生のうちで産む子供の平均的人数を指しています。つまり、2・11人の子どもを生まなければ、その民族なり、文化は間違いなく衰退していく、ということです。 更 […]
2013.8.30

ある少女の祈り

先月、私の親戚がメールで送ってくれた話ですが、アフリカのコンゴ共和国の病院で働いていたアメリカ人宣教師のお医者さんの証しです。ある若い女性が難産で、病院に運ばれて来ました。しかし、お医者さんの懸命な努力の甲斐もなく、女性は亡くなってしまいました。しかも、未熟児で生まれた赤ちゃんもとても危険な状態でした。保育器など、ありません。特に心配なのは、夜、気温が急激に下がった時です。コンゴは赤道直下にある国 […]