日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント、NAR (New Apostolic Reformation: 新しい使徒的宗教改革) の広がりに警鐘を鳴らす記事です。

2018年にハーベスト・タイム・ミニストリーズから出版した書籍の全文を掲載します。

ぜひこの記事に目を通し、事実を受け止め、どうすべきかを考えて頂きたいと思います。

  • 正確さを欠く『新世界訳』の改訂版
    2013年に、英語の『新世界訳』の改訂版が出ました。これにより、「難解な悪訳」としての評判を幾らか払拭できたようですが、その英語訳を日本語に訳した聖書が今年に入って、デビューを果たしました。英語版と同様に、前の『新世界訳』と比べて、かなり読みやすくなったと言えます。ところが、「原語を参照しつつ、英語の『新世界訳』からなされた翻訳」(タイトルページより)であるはずなのに、英文と食い違っている個所が幾 […]
  • 北海道支部の代表にパスカル・ズィヴィー氏
    3月11日に開かれた真理のみことば伝道協会の役員会において、パスカル・ズィヴィー氏が北海道支部の代表に選ばれました。フランス出身のパスカル氏は、25年前からカルト問題に取り組んでおり、多数の統一教会員やオウム真理教の信者の救出カウンセリングを手掛けて来ました。また、『信仰という名の虐待』(いのちのことば社)の著者としてよく知られています。北海道聖書学院の信徒コースを修了した後、通信生としてカナダに […]
  • ビリー・グラハム師の「外套」を求める宣教大会
    去る2月13日に、米国フロリダ州オランド市において、「ザ・センド」という宣教大会が開催され、若者を中心に、7万人ほどの人々が参加しました。これはNAR(新しい使徒的宗教改革)ムーブメントの中心的な「使徒」や「預言者」の呼びかけによって実現したもので、その主な目的は、1年前に天に召された偉大な伝道者ビリー・グラハムの外套(油注ぎ)を祈り求めることにあったようです。NARのリーダーたちによると、今は聖 […]
  • 麻原彰晃から青酸カリ入りの脅迫文書?
    1月25日に、複数の製薬会社に白い粉の入った脅迫文が届けられました。警視庁が簡易鑑定したところ、粉は猛毒の青酸カリの可能性が高いというのですが、届いた封筒の一部は「麻原彰晃」となっていました。オウム真理教と直接関係のない人間の悪質ないたずらなのか、それとも未だに麻原に帰依している熱狂的信者が行なったことなのか不明ですが、脅迫文に、「青酸カリを入れた。偽物の薬を作って流通する。2月22日までに350 […]

聖書のミニメッセージ

2018.12.27

サンタクロースのルーツ

世界中で周知されているように、クリスマスには様々な伝統行事が付き物です。1000年以上も前から続いているものもあるし、また比較的最近、生まれて来たものもありますが、クリスマス・ケーキ、クリスマス・ツリー、プレゼント交換などはすべて、人々のクリスマスに対する気持ちや信仰を現すものです。 今から1700年ほど前の話になりますが、小アジアのパタラという町の裕福な家庭に、ニコラオスという男の子が生まれまし […]
2018.11.6

ある女性の夢

デボラ・レーニーというアメリカ人の女性の話です。デボラさんは、小さい時から一つの夢を見ていました。それは、結婚して大家族を持つことです。少なくとも、六人の子どもを産みたい。そして、更に六人の子どもを養子として迎えたいと思っていましたが、その計画の実現に向けて、十二歳の頃から、自分の子どもに着せる洋服を作り始めました。何年か経つうちに、山のように可愛い洋服が沢山、溜まりました。デボラさんも成人して、 […]
2018.7.4

英会話ブーム到来か

2020年の東京オリンピックが近付くに連れて、人々の外国語の習得に対する関心が高まってきているようです。確かに、外国から大勢の人々が日本にやって来るので、彼らをもてなすためには、英語をはじめ、諸外国の言葉に精通している人間の養成が急務だと言えます。 私も42年前に、何としてでも日本語をマスターしなければならないと燃えていました。それは、一人でも多くの日本人に福音を宣べ伝える使命感を持っていたからで […]