セミナー・集会

2012.2.16

真の権威とキリスト者の自由

日本福音同盟・信教の自由セミナー 2009年11月13日  本日のセミナーの講師を務めさせていただくウィリアム・ウッドです。どうぞ、よろしくお願いいたします。皆さんも御承知だと思いますが、21回目を迎えた今年の信教の自由セミナーのテーマは、これまでのテーマとはかなり異なっています。今までは、戦争の問題や、靖国神社の問題や、公立学校における国歌斉唱および国旗への敬礼の強制など、様々な社会問題が取り上 […]
2012.2.16

「セカンド・チャンスを検証する: 未信者の死後の救いはあるのか」パート4

アドバンスト・スクール・オブ・セオロジー2008年9月9日  数年前から、私は三つのブライダル事務所のために、東京都内でキリスト教の結婚式の司式をしています。家族を養うために引き受けた仕事ですが、途中から素晴らしい伝道のチャンスだと考えるようになりました。これまで、1千件以上の結婚式をやっていますが、平均して、60人ほどの方々が集います。ほとんど未信者です。賛美歌も歌うし、祈りもするし、聖書からの […]
2012.2.16

「セカンド・チャンスを検証する: 未信者の死後の救いはあるのか」パート3

アドバンスト・スクール・オブ・セオロジー2008年9月8日  最近、自分のアイデンティティーのことで悩むことがあります。「あなたはハーフですか」と、何度も人から聞かれることがあります。また、不思議なことに、真顔で「日本人ですか」と質問してくる人もいるのです。アメリカに帰る時には、「東洋人っぽい顔だね」と言われたりします。32年も日本に住んで、ずっと日本語で生活をしていれば、多少、顔も変わるのでしょ […]
2012.2.16

「セカンド・チャンスを検証する: 未信者の死後の救いはあるのか」パート2

アドバンスト・スクール・オブ・セオロジー2008年9月8日  私は、カルト問題に取り組むようになって、今年で28年になります。最初のきっかけは、エホバの証人の訪問です。一人のエホバの証人が私に伝道するために、訪ねて来たのです。エホバの証人と直接、話をするのは初めてでしたが、ヨハネの福音書三章三節の聖句を引用しながら、「あなたは新しく生まれた経験がありますか」と質問してみました。相手は新米の伝道者だ […]
2012.2.16

「セカンド・チャンスを検証する: 未信者の死後の救いはあるのか」パート1

アドバンスト・スクール・オブ・セオロジー2008年9月8日  初めに、アドバンスト・スクール・オブ・セオロジー集中講座の講師として、私のような者をお招きくださり、心から感謝いたします。与えられたテーマは、「セカンド・チャンスを検証する:未信者の死後の救いはあるのか」ということですが、ご承知のように、これはかなり前から、日本のキリスト教会の中で議論されてきた問題です。私がこの議論に引き込まれたのは、 […]