聖書のミニメッセージ

2013.7.3

じゃ、いつやるか?今でしょ!

 大学受験予備校の東進ハイスクールのコマーシャルの中で、林修先生の発した言葉が大変なブームを引き起こしています。 「じゃ、いつやるか?今でしょ!」  高校生に対する、塾への誘いの言葉ですが、いつの間にか、人に行動を促すために、色々な所で使われるようになっています。「もたもたせずに、やるべきことを今すぐ、実行しなさい」というような意味になるかと思いますが、私たちは人生の中で、度々、そのような助言を必 […]
2013.4.30

北朝鮮ミサイル危機に思うこと

 北朝鮮のミサイル発射や核実験に関する脅迫が毎日のように報道されている中で、多くの人々が不安を覚えていることでしょう。私も、ニュースを見ていると、6歳の時の記憶がよみがえって来ます。1962年のキューバ・ミサイル危機の時です。キューバをアメリカの侵略から守るという名目で、ソ連が核弾道ミサイルをキューバに運んで、その発射台を設置しようとしているところを、アメリカの偵察機に発見されて、大騒ぎになりまし […]
2013.3.8

100兆ドル紙幣が物語る悲劇

 先日、私の手元に、100兆ドルの紙幣が届きました。ある国が実際に発行して、使用していたものです。その国とは、アフリカのジンバブエです。ジンバブエ・ドルは2007年に世界で最も価値の低い通貨ワースト5の一つとなり、国はその対応策として急きょ、1億の額面のジンバブエ・ドル札を発行しましたが、その後、通貨の価値が更に下がり、ついに2008年の末には100兆ドルの紙幣が登場しました。年間インフレ率は約2 […]
2013.1.2

尖閣諸島問題に見る人間の愚かさ

 昨年、日本政府による沖縄県・尖閣諸島の国有化に抗議し、中国の各地で反日デモが行なわれました。その中で、暴徒の標的となった日系企業の工場やスーペー、コンビニなどの店舗は破壊され、放火によって大きな被害を受けました。デモに参加した、ある人たちは、「宣戦を布告せよ!」とか、「東京に原爆を落とせ!」とかいうような過激な言葉を叫んでいました。一時、日本製品をボイコットする動きも広がりました。今現在、鎮静化 […]
2012.11.9

スペイン経済の救世主?

スペインの教会の柱に描かれていた百二十年前のフレスコ画が一般信徒の手で修復されて、原画とは似ても似つかない状態になっているのが見つかり、地元で大騒ぎになっています。修復が行なわれたのは、スペイン北東部ボルハの教会にある一九世紀の画家エリアス・ガルシア・マルティネスの作品で、「この人を見よ」という絵です。茨の冠をかぶったキリストの肖像が描かれていました。修復を手掛けたのは教会員のセシリア・ヒメネスと […]