聖書のミニメッセージ

2012.2.16

何も思い煩うな

 ある精神科医の調査によると、人が思い煩うことの40パーセントは絶対に起こり得ないこと、30パーセントはどうすることもできない過去の出来事、12パーセントは人から受けた批判(それもほとんど事実無根の話ばかり)、10パーセントは自分の健康のこと(心配すればするほど健康状態が悪くなるのだが)、8パーセントは実際に直面 する可能性のある問題だそうです。何というエネルギーの無駄づかいでしょうか。  「だか […]
2012.2.16

中年女性の危機

 数カ月前のことですが、テレビのニュースを見ていたら、平均年齢60歳という女性たちによって構成されたチアー・ガールのグループが紹介されていました。みんな、ミニスカートを履いて、踊ったり、大きな声で地元のフットボールのチームを応援したりしていましたが、「六〇代の女性にも色々な生き方があるんだなー」と思いました。彼女たちは、恐らく、チアー・ガールとしての活躍の中で、生き甲斐を感じていたのでしょう。   […]
2012.2.16

お母さん、神様の肌は何色?

 1921年に、ポーランドの保守的なユダヤ人の家で生まれ育った女性は、2歳の時に家族と共にアメリカに移民し、やがて黒人の牧師と知り合い、結婚することになりました。相手がクリスチャンであること、しかも黒人であることで、家族からの猛反対に遭いましたが、女性は自分の決心を貫きました。すると、縁を切られ、死んだかのような扱いを受けたのです。想像を絶する心痛の中にあっても、女性は幸せな家庭を築き、12人の子 […]
2012.2.16

造り主なる神

 日本語の『神』という字は、「示」偏と「申」というつくりから成っているもので、「示」は元々祭器を指しており、供え物を入れる器のことです。「申」は霊の世界からの発言を意味するもので、シャーマン(霊媒)と深い関係があります。古来の日本人は、自然現象を「神」として崇めました。これは「アニミズム」と言って、あらゆる物の内に魂を認める思想です。人間も、動物も、植物も、山のような無生成物も、信仰の対象となる「 […]
2012.2.16

世界最大の出来事

 3年前のことですが、米国の『ライフ』誌が、21世紀を迎えるに当たって、数百人の専門家に、「この千年間で、最も重要な出来事は何か」というアンケートを取りました。その結果 、歴史上世界最大の出来事に、「ドイツ人グーテンベルグによる一四五五年の聖書印刷」が選ばれたそうです。選考した専門家は、その理由として、歴史への影響を挙げています。活版印刷技術そのものの起源は、中国や朝鮮のほうが古いのですが、グーテ […]