聖書のミニメッセージ

2012.2.16

I'm ok,you're ok

 1970年代、クリスチャンで心理学者でもあるフィル・ハリスという人が、“I’m ok, you’re ok”という本を書きました。ハリス師は、この“I’m ok, you’re ok”と言えるようになった人こそ、大人としての成長を遂げた人だと言っていますが、そこに到達するまで、私たちは幾つかの段階を経なければなりません。  生まれたばかりの赤ちゃん […]
2012.2.16

チャーリー・ブラウン症候群

 アメリカの人気漫画で、『スヌーピーとその仲間たち』というのがあります。その主人公はチャーリー・ブラウンという男の子ですが、ドジが多くて、思うように行かないことばかりが起こる子です。どうやら、漫画の人気の秘訣がここにあるようです。つまり、読者の多くは、チャーリー・ブラウンというキャラクターに自分を見て、慰めを得るのです。 数年前のことですが、我が家の子供たちが通 っているアメリカン・スクールで、『 […]
2012.2.16

原爆よりも恐ろしいもの

 今年も、8月6日と9日に、広島と長崎のそれぞれの都市において、平和祈念式典が行われました。原爆投下から58年たっても、それによってもたらされた苦しみの記憶は消えず、その傷もいやされません。一つの爆弾によって十何万人もの命が奪われたという事実は、私たちの想像を絶するものですが、聖書は、原爆よりも更に恐ろしいものがあることを示しています。それは、現在に至るまでのすべての戦争の根本的な原因になっている […]
2012.2.16

言葉の力

 ある調査によると、一般の家庭において、子供が肯定的な言葉を一つかけられるのに対して、十の否定的な言葉をかけられるそうです。学校では、一つのほめ言葉に対して、七つの否定的な言葉を聞くということです。同じ調査は更に、一つの否定的な言葉による精神的なダメージを打ち消すために、四つの肯定的な言葉が必要である、と結論づけています。  実に、はっとさせられる調査結果ではないでしょうか。私たちは、否定的な言葉 […]
2012.2.16

共におられるイエス様

 最近、ある本で読んだ話です。ジムという名の老紳士が、毎日昼の十二時になると教会にやって来ては、ほんの数分、会堂にいたかと思うとすぐ出て行ってしまいます。教会の管理人は、そのうちに教会の大切な備品がなくなりはしないかと心配して見守っていましたが、何もなくなりませんでした。それでも不思議に思った管理人はある日、その老紳士に声をかけてみました。  「今日は。ところであなたは、毎日ここへ何をしにいらっし […]