2013.3.8

メキシコのカルト教団の幹部たち、逮捕へ

 2月2日、メキシコのヌェーボ・ラレードにある「キリストの擁護者たち」と呼ばれる宗教団体の幹部ら14人が、信者たちに対する誘拐、強制労働、性的虐待の疑いで逮捕されました。国際色豊かな指導者層だったようで、スペイン人が6人、ブラジル人が2人、ボリビア人が2人、ベネズエラ人が2人、アルゼンチン人が1人、エクアドル人が1人でした。警察の調べによると、「キリストの擁護者たち」は数年前から人々を誘拐して、マ […]
2013.1.2

ものみの塔に対する抗議デモ、イタリアでも勃発

 去る12月1日に、イタリアのミラノの中心にある広場で、100人の元エホバの証人による抗議デモが行われました。講義者たちの意図は、ものみの塔聖書冊子協会の脱会者に対する扱いと、その扱いによって家族に与える悪影響について訴えることにありました。ものみの塔協会の方針では、信者たちは組織を離れた人間を徹底的に無視しなければなりません。家族間においても、このルールは徹底的に守られています。つまり、組織に留 […]
2013.1.2

カルト救出全国セミナー日程・講師が決定

 真理のみことば伝道協会主催の「第21回カルト救出全国セミナー」の講師として、ロス・アンダーソン牧師を迎えることになりました。アンダーソン師は元モルモン教徒で、現在ユタ州で福音的教会の牧師をしています。6月14日に東京、6月18―19日に札幌、6月21―22日に大阪、6月23日に広島でセミナーを開催する予定です。モルモン教(末日聖徒イエス・キリスト教会)は、日本ではまだ信者数が少なく(11万人)、 […]
2012.11.9

『霊の戦い 虚構と真実』 の点訳出来

『霊の戦い 虚構と真実』(ウィリアム・ウッド、パスカル・ズィ―ヴィー共著)の点訳ができました。沖縄点字図書館に登録されるので、全国どこからでもネットで検索できて借りる事ができます。点訳されているキリスト教関係の本は良い本が少なくて、問題のある牧師、繁栄の神学の信奉者が書いている本が多いようですが、『霊の戦い 虚構と真実』が目の不自由な方々に歓迎されることを祈ります。
2012.11.9

カルト予防トラクト、 反響を呼び起こす

 福岡の元エホバの証人の集まりである「オリーブの会」の協力によって、先月、『ものみの塔の知られざる素顔』が沖縄や宮古島で配布され、大きな反響を呼んでいます。何件かの問い合わせがあり、すぐに脱会した方もあった、とのことです。また、トラクトを配布した方から、「更に、千部、送ってください」との要請が真理のみことば伝道協会の本部に来ています。