カルト関連記事

カルト関連の総合記事

2012.2.16

『教会がカルト化するとき』販売開始

 ウィリアム・ウッドの新書『教会がカルト化するとき』(いのちのことば社、定価700円)が書店で販売され始めました。義希望の方は、お近くのキリスト教書店で買い求めるか、真理のみことば伝道協会に連絡してください。本の要約が9月の初めから10月の末にかけて、8回にわたり、『クリスチャン新聞』に掲載されましたが、既に大きな反響を呼んでいます。「本の内容がそのまま、私の教会に当てはまる」という声が多く聞かれ […]
2012.2.16

モルモン教のジレンマ

 モルモン教(末日聖徒イエス・キリスト教会)は、「我々もキリスト教の一派である」というイメージを全面 的に打ち出そうとしているようです。その教理体系は変わっておらず、依然として聖書から逸脱したものですが、さほど一般 のキリスト教会と違わないという印象を与えるために、キリスト教と同じ神学用語を用いたり、聖書の無料配布をしたり、モルモン教の過去の不名誉な歴史的事実を伏せたりしています。その歴史的事実と […]
2012.2.16

「いのちの家」誕生

 カルトの中で傷つけられた人々のための滞在型カウンセリング施設「いのちの家」が、長野県小諸市に出来ました。理事長は浅見定雄師、所長は川崎経子師です。「大自然の中で静かに考えたり、散策を楽しんだり、時には体を動かして汗を流したり、同じような悩みをもつ仲間とゆっくり語り合うことができます」と、案内書に書かれています。入所費は1泊3食付きで2,500円です。 連絡先は、0267-26-6757(TEL/ […]
2012.2.16

死者に第2のチャンス?

 最近、日本のキリスト教界のある教職者たちによって、一つの独特な教理が打ち出されて、論議を起こしています。それは、「未信者の死後に救いのチャンスがある」(セカンド・チャンス)という発想です。「これは聖霊の啓示であって、この教えによって日本にリバイバルがもたらされる」とまで宣言している牧師もいると聞きますが、「セカンド・チャンス」は、「生きている間にイエス・キリストを信じる者のみが救われ、信じない者 […]
2012.2.16

アメリカのNBCがエホバの証人の間に蔓延する児童性的虐待のドキュメンタリーをアメリカ全土に放映

 去る五月二十八日に、アメリカのNBC放送は、エホバの証人の間に蔓延する児童性的虐待の問題を、30分のニュースドキュメンタリーの形でアメリカ全土に放映しました。番組の中で、数人のエホバの証人の被害者だけでなく、現役の長老や、ブルックリン本部で全国の会衆の記録を保管する人間までがインタビューに応えています。彼らの証言により、組織がこれまで、どんなに犯罪者をかくまってきたか、またその結果 、被害者がど […]