カルト関連記事

カルト関連の総合記事

2012.2.16

「主の十字架クリスチャン・センター」における騒動

 『ハーザー』というキリスト教関係の雑誌が、「主の十字架クリスチャン・センター」のカルト化問題を特集で取り上げて、話題を呼んでいます。去年の8月から、教団の内部革命を促す目的で、信徒虐待、極端な権威主義(預言)によるマインド・コントロール、精神病の発生、相次ぐ教会ごとの脱会や牧師の辞任等、教団内部の問題を告発しましたが、結果 的には同教団のカルト化に拍車がかかったようです。責任者たちは反省すること […]
2012.2.16

麻原彰晃に死刑判決

 東京地下鉄サリン、松本サリン事件など13事件で殺人罪などに問われたオウム真理教元代表・麻原彰晃こと松本智津夫被告に対して、東京地裁は2月27日、求刑どおり死刑判決を言い渡しました。小川裁判長は、地下鉄サリン、松本サリン事件をはじめ、坂本堤弁護士一家殺害などは、「いずれも松本被告が弟子に命じて実行させた」と指摘し、「松本被告の意向を無視して弟子が暴走した」とする弁護側の主張を退け、松本被告を「首謀 […]
2012.2.16

ものみの塔、2003年もマイナス成長

 『全世界のエホバの証人の2003奉仕年度の報告』によると、昨年の日本における増加率はマイナス0.43パーセントだったそうです(平均伝道者数:217,018人)。1995年まで7〜8%の高い成長率を保っていたものみの塔ですが、これで5年連続のマイナス成長になります。ちなみに、95年から組織が7%の増加率を保ったと仮定した場合、伝道者数は今、348,546人となっています。
2012.2.16

牧師たちの説得は脱会強要ではない

 統一協会の女性信徒が集団結婚で結ばれた男性と共に、清水与志雄(日基教団・名古屋東教会牧師)、黒鳥栄(日基教団・戸塚教会牧師)の両氏、及び原告の両親を、「棄教強要行為」の差し止め、また不法行為に対する慰謝料などを求めて起こした裁判で、横浜地方裁判所は1月23日、原告の請求を棄却し、被告側が全面 勝訴しました。原告側は、「原告の女性の両親と牧師たちが、信仰を捨てさせることを目的に共謀して違法に拉致監 […]
2012.2.16

統一協会の末期症状?

 世界基督教統一神霊協会は「霊感商法」や「合同結婚」などで悪名の高い集団です。「再来のキリスト」とか、「真の御父母様」と呼ばれる創立者の文鮮明は、「地上天国実現」というビジョンを掲げて、多くの若者を虜にしてきましたが、信者数の増加率が鈍ってきたせいか、あるいは文鮮明が84歳という高齢に達しているためのか、かなり焦っているようです。2003年の9月に発行された『霊界メッセージ』という小冊子の中で、「 […]