カルト関連記事

カルト関連の総合記事

2012.2.16

エホバの証人対策セミナー、四国で開催

 6月25日(日)午後3時より、『エホバの証人が訪ねてきたとき』と題したセミナーが善通寺バプテスト教会(香川県善通寺市、電話:0877-62-7799)で開催されます。 主催は「エホバの証人・統一協会対策香川ネット」です。講師はウィリアム・ウッドです。エホバの証人はなぜ入信するのか、どうやって福音を伝えるべきか、などの問題を取り上げながら、エホバの証人への対策を探ります。会費は無料です。
2012.2.16

ものみの塔聖書冊子協会ベテル本部スタッフ、縮小へ

 ニューヨークのブルックリンにある、ものみの塔協会の本部において、大幅な人員削減が始まった模様です。何千人ものベテランのスタッフが組織から、「自主的退職」を強く求められています。中には、40年以上、本部で働いてきた60代の人々もいます。彼らは今まで、ごくわずかな報酬しか与えられていなかったとはいえ、住む部屋や食事等を提供されていたので、生活するうえで不自由なことはありませんでしたが、ベテルを離れる […]
2012.2.16

ダニエル・シドリック氏死去

 ものみの塔聖書冊子協会の統治体成員だったダニエル・シドリック氏が4月19日に亡くなりました。これで、1975年に統治体が再編成された時のメンバーが、1人もいなくなりました。また、興味深いことに、現在、統治体の成員を務める10人の人間のうち7人が、1935年以降に生まれています。1935年とは、天的クラス(14万4千人)が満員になったとされている年ですが、14万4千人に入っていることが統治体のメン […]
2012.2.16

カルト問題に関する初の中国語小冊子完成

 ウィリアム・ウッドが英語でまとめた小冊子(カルト問題、マインド・コントロール、及び、異端に関する内容)の中国語訳が完成し、間もなく、香港で印刷されることになっています。翻訳者は、北京の大学教授である威廉武徳博士です。真理のみことば伝道協会は、これを一万部、印刷し、中国の地下教会のクリスチャンに配布する予定です。必要に応じて、増刷も考えています。何度も中国に渡っている、あるアメリカ人宣教師の話によ […]
2012.2.16

エホバの証人の2005年度伝道報告

『全世界のエホバの証人の2005奉仕年度の報告』によると、昨年の日本における増加率は0.06パーセントだったそうです(平均伝道者数:217,227人で、130人の増加)。 受洗者は3,785人。伝道に費やした時間の合計は、7350万時間にもなっています。 世界における増加率は1.3%で、平均伝道者数は6,390,016人だったそうです。特に伝道者数が伸びているのは、タンザニア(5%)、台湾(7%) […]