カルト関連記事

カルト関連の総合記事

2012.2.16

エホバの証人、王国会館を放火

 去る6月15日、王国会館(エホバの証人の集会場)に火をつけたとして、警視庁荻窪署は信者で主婦の緒形直子容疑者(46歳)を逮捕しました。調べによると、緒形容疑者は15日午前8時5分頃、杉並区上井草にある王国会館の玄関ドアの窓ガラスをハンマーで割って侵入し、1階の椅子にライターで火をつけ、天井や床など約54平方メートルを燃やした疑いです。10年程前からエホバの証人になっていた同容疑者は、「夫が排斥さ […]
2012.2.16

モルモン教の大統領誕生か?

 去る2月13日に、アメリカ合衆国の2008年大統領選挙の共和党の候補者として、モルモン教徒のミット・ロムニー氏(60歳)が名乗りを上げました。2002年から4年間、マサチューセッツ州の知事を務めていた同氏は、中絶や同性愛者同士の結婚に反対を表明して、「保守色」を出し、共和党の保守層の支持を得ようとしています。ところが、保守層の大部分を占めているクリスチャンたちは、彼の宗教的背景を問題視し始めてい […]
2012.2.16

『ものみの塔』誌、縮小へ

 2月9日付の会衆宛の手紙によると、ものみの塔聖書冊子協会は2008年1月1日より、配布用の『ものみの塔』誌の印刷が、月に1度だけになるそうです。毎月1日に発行される雑誌は、一般の人向けの内容となり、いわゆる「研究記事」は掲載されず、15日に発行される『ものみの塔』誌は、信者だけのための研究用で、一般の人には提供されません。組織の説明では、雑誌を「配布用」と「研究用」に分けることによって、一般人に […]
2012.2.16

『教会がカルト化するとき』改訂版の予定

 先日、いのちのことば社から入ったの連絡によると、『教会がカルト化するとき』の改訂版の最終的な編集作業は、5月に入ってから始まり、その後間もなく、印刷に取り掛かることになる、とのことです。尚、「セカンド・チャンス」に関する本の出版は、夏以降になりそうです。
2012.2.16

「カルト救出支援センター」のビジョン

 真理のみことば伝道協会岡山支部の代表である高山正治師は、この度、現在牧師をしている庭瀬めぐみ教会の新会堂建設のビジョンを発表しました。この新会堂は、教会本来の礼拝や伝道を目的としたものであると同時に、「カルト救出支援センター」としても利用されます。定例集会、相談会と学び会、カルト脱会後のリハビリ、カウンセリング、更に将来のためにカルト救出カウンセラー養成口座を設ける予定です。高山師は祈りの支援と […]