カルト関連記事

カルト関連の総合記事

2012.2.16

1歳の息子への輸血を拒否したエホバの証人

 2009年3月15日の『日本経済新聞』の記事によると、2008年の夏、消化管内の大量出血で重体となった1歳男児への輸血を、エホバの証人の両親が拒んだそうです。これを受けて、児童相談所が、親権を一時的に停止するように家庭裁判所に求めたところ、家庭裁判所はわずか半日でその保全処分請求を認め、男児が救命された、ということです。両親は、「緊急輸血が必要である」と主治医からの説明を受けても、「宗教上の理由 […]
2012.2.16

キリスト教界のカルト化問題を取り上げるFEBC

 キリスト教ラジオ放送局FEBCが、1月から毎月第2金曜日夜の特別番組「今日を問う」で、キリスト教界のカルト化問題にメスを入れています。第1回の1月9日に放送された番組では、福澤満雄師(ジャパン・カルバリー・クルセード主幹の巡回伝道者)が出演し、被害者の証言をもとに、カルト的な教会の体質や問題点を示しました。2月12日に放送された番組には、精神科医の立場から工藤信夫氏が語られました。
2012.2.16

日本福音同盟、教会のカルト化問題に関する文書を発送

 昨年12月15日の日本福音同盟(JEA)の理事会において、キリスト教会のカルト化問題に関する文書が承認され、加盟諸教団・教会、及び、宣教諸団体の代表者たちに発送されました。その内容は、最初に社会委員会から提出された声明文をかなり縮小したものとなりましたが、以下の通りです。 ________________________________________  「日ごろの日本福音同盟への厚いご支援・ご […]
2012.2.16

日本のキリスト教界におけるカルト化問題に関する文書、発表へ

 真理のみことば伝道協会の代表ウィリアム・ウッドが書いて、社会委員会で承認された文書が、日本福音同盟の理事会に提出され、近々発表される見通しとなりました。教会におけるカルト化問題について警鐘を鳴らすことを目的とした文書はこれまで、2003年と2005年の2回、提出したものの、理事会で却下されています。しかし、今回は、12月15日の理事会において、「お願い文」として、各諸団体代表宛に送られることが決 […]
2012.2.16

韓国の教会乗っ取り異端集団

 今、韓国のキリスト教会に深刻なダメージを与えている異端集団があります。その正式名は、「新天地イエス教証拠幕屋聖殿」です。会長の李(イ)マンヒの神秘体験に基づいた教理は、特に聖書の黙示録の解説に重点を置くもので、「啓示の御言葉」を受けていない一般の牧師たちには分からないということですが、その特異な教えを広めるために巧妙な手口を用いています。「新天地イエス教」のメンバーは厳しい訓練を受けた後、正統キ […]