2017.12.4

ロシアにおけるエホバの証人の活動禁止令発布のその後

 ロシアの最高裁によって、エホバの証人の活動を禁止する命令が出されて約半年たちますが、徐々に、その禁止令が発布された理由が明らかにされて来ました。ものみの塔協会が「極端なカルト」と判断されて、布教活動が禁止されたのは、まず、その教理の排他性にあるようです。「我々だけが唯一の真のキリスト教である。他の宗教団体はすべて、大いなるバビロンに属しており、ハルマゲドンで滅ぼされる」という当協会の主張は、ロシ […]
2017.9.5

ロシアの最高裁、ものみの塔協会への活動禁止を確定

 去る7月17日に、ロシアの最高裁において、エホバの証人の活動に対する禁止が確定されました。これにより、エホバの証人のすべての伝道や集会の開催が違法行為になるだけでなく、ロシア当局に395ある会衆を解散させ、その財産を没収する権限も与えられています。今回の決定は、4月に出た法務局の要請を最高裁が承認したものですが、法務局は、法律で定められた「極端なカルト」(”extremist sect”に当たる […]
2017.5.7

異星人の現われを待望する人々

人類が異星人の実験室の中で造られたとし、再び異星人を地球に迎えるための大使館の建設の必要性を訴えるラエリアン・ムーブメント。未だに、東京都内で活動を続けており、先月、中野サンプラザで、「UFOなぜ来るの?宇宙人大使館プロジェクト」と題した集会が開かれました。担当者の話によると、異星人の大使館の一番の候補地はイスラエルでしたが、現在は国連に加盟しているすべての国だそうです。また、日本も候補地として有 […]
2017.5.7

暴走するカルト国家

通常、「カルト」という言葉は危険な宗教団体を指しますが、カルト化してしまった国家も存在します。その最たる例は、北朝鮮です。国民が熱狂的に支持し、偉大な指導者として崇拝する金正恩がまさに、教祖のような絶対的な存在になっています。厳しい情報統制の中で、マインド・コントロールが行われており、金正恩に逆らう者はただちに処罰されます。また、最近、カルト特有の極端な思想のもとで、いよいよ危険な言動が現れていま […]
2017.3.6

新しい「教会健康度チェックリスト」

 先月、日本異端・カルトキリスト者対策協議会から、「教会健康度チェックリスト」(カルト化の評価表)の最新バージョンが発表されました。『教会がカルト化したとき』(ウィリアム・ウッド著)に載っていたものを参考にして作られたものですが、カルト化問題で悩むクリスチャンが指導者や教会の実態を冷静に見ることに役立つと期待されています。コピーをご希望の方は、真理のみことば伝道協会までお問い合わせください。