2012.2.16

ものみの塔聖書冊子協会、輸血拒否の解禁に一歩近づいた?

 2006年11月の『わたしたちの王国宣教』と共にエホバの証人に配られた『保存版:血液分画、および自己血の関係する医療処置をどうみなしますか』という文書によると、ものみの塔は輸血に関する重大な方針転換を試みたようです。自己血の関係する医療処置は、「個人的に決定すべきものだ」ということになりました。今までは、「体外循環が中断されないから」との理由で人工心肺や透析等の装置の使用だけを認めて(『目ざめよ […]
2012.2.16

『目ざめよ!』誌に出た輸血拒否の矛盾

 2006年8月号の『目ざめよ!』誌の中で、ものみの塔協会はまた、輸血の危険性を誇張しています。「1990年代初頭に初めて報告された輸血関連急性肺障害は、輸血後に生じる危険な免疫反応です。この障害によって毎年幾百人もの人が亡くなっていることが確認されています。」(7頁)。しかし、言うまでもなく、毎年、輸血によって何百万人もの命が救われていることに関しては、全く言及されていません。更に、同誌の中で、 […]
2012.2.16

エホバの証人に対する新しい予防トラクト

「北陸エホバの証人救出・予防運動」より、『エホバの証人ってご存じですか』という新しいトラクト(チラシ)が出来ました。エホバの証人がどのような巧妙なテクニックを使って人をマインド・コントロールするのか、また、ものみの塔聖書冊子協会がどのように聖書を改ざんしているのか、簡潔に書かれています。ものみの塔から救出された女性の体験談も紹介されています。「全国的に配布したいので、エホバの証人に重荷のある方々に […]
2012.2.16

エホバの証人救出セミナーの案内

 11月11日(午前10時半)に、JWTF(エホバの証人に自由を)の主催で、第32回エホバの証人救出セミナーが、福岡市民会館で開かれます。講師は日本キリスト教団春日部教会の牧師、白石多美出氏です。 参加費は1,500円です。
2012.2.16

エホバの証人被害者全国集会

 去る9月2日、「エホバの証人第12回被害者全国集会」が、東京で開かれました。全国各地から、家族の救出を願う人々や、元エホバの証人が約90名、参加しました、その半分は、元証人が占めていたようです。主講師の有田芳生氏は、「私たち現代人がいかにマインド・コントロールされやすい存在であるかを認識する必要がある」と語りました。また、子供をカルトから救出しようとする際、「世間体が悪いから」という理由ではなく […]