2012.2.16

ものみの塔の強引な大口寄付金の応募法

 2007年11月1日号の『ものみの塔誌』において、ものみの塔協会は再び、大口の寄付金を応募しています。「このような方法で与える人もいる」(20頁)という記事の中で、通常の寄付以外に、「保険」と「遺贈」による寄付を勧めています。「生命保険金などの受取人として、ものみの塔聖書冊子協会を指定することができます」とか、「法律に従って作成された遺言書によって、金銭、預貯金、有価証券、不動産、動産をものみの […]
2012.2.16

再びエホバの証人の集団離脱か

 過去に、少なくとも2回、日本でエホバの証人からの集団離脱が起きています。1985年に、北海道にある会衆の長老が組織の教理に疑問を持ち始め、そのことに関する質問状を支部に送ったために排斥になり、彼に同情した60人ほどの信者が脱会しています。また、一九八八年に神戸市にある会衆においても、40人以上の離脱者が出ました。そして今現在、埼玉県のある会衆が組織の方針に不満を抱き、揺れ動いています。  問題の […]
2012.2.16

「使徒パウロ」からの獄中書簡?

 京都の聖神中央教会の牧師で、教会の少女たち十数人に性的虐待をした罪で20年の実刑判決を受けて今も刑務所に服役中の永田保は、未だに反省の色を見せていないようです。自らを「使徒」と名乗り、毎月、教会に残った信者のために、『幸福への道しるべ』というニュースレターを発行しています。どうやら、これらのニュースレターを、使徒パウロの獄中書簡と同じようなものだと位置付けたいようです。つまり、「私は使徒パウロと […]
2012.2.16

ものみの塔から集会禁止令

 2007年9月号の『わたしたちの王国宣教』の「質問箱」に、「聖書の調査や討議を行なうために証人たちが独自に作った様々なグループを、『忠実で思慮深い奴隷』は認めていますか」という質問が取り上げられています。個人的に集まって、自由に話し合いをしている信者たちに対して、組織は次のようなメッセージを送っています。  「いいえ、認めていません。しかしながら世界各地で、わたしたちの組織に交わる少数の人たちが […]
2012.2.16

ものみの塔の移り変わる教理

 2007年5月1日号の『ものみの塔』誌において、誰が天国に行けるかということに関する重要な教理変更が発表されました。今までの組織の教えでは、「天的クラス」(天からキリストと共に地球を支配する144,000人)の数は、1935年に満たされ、それ以後、「大群衆」(地上の楽園に入る人々)を集めるわざが始まった、ということになっていました。しかし、1935年以前にバプテスマを受けた人々の高齢化に伴い、大 […]