真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

靖国神社参拝問題の謎

2014年8月22日(金)

 昨年末に安倍首相が行なった靖国神社の電撃参拝は、中国・韓国はおろか、同盟国の米国からも批判を浴びました。今や靖国参拝問題は政治・外交における最大の火種の一つとなっています。安倍総理は今年の終戦記念日の参拝を見送りましたが、それは日中、日韓首脳会談へ向け、両国への配慮を示す狙いがあったのでしょうか。ただ、3閣僚や多くの国会議員が参拝したことに中韓両国は批判を強めており、関係改善は見通せない状況です。
 靖国神社、日本国を守護するために亡くなった戦没者を慰霊追悼するための施設、及びシンボルとされています。「国に殉じた先人に、国民の代表者が感謝し、平和を誓うのは当然のこと」という意見もある一方で、「アジヤの近隣諸国に侵略して、多数の犠牲者を出したのだから、それらの国々への配慮から、公式参拝を控えるべきではないか」という主張もあります。また、内閣総理大臣・国会議員など公職にある者が公的に靖国神社に参拝することは、日本憲法第20条が定める政教分離原則と抵触しているという見方もできます。
 こうして、靖国参拝問題は、日本人の宗教観や歴史認識と深く関わっている問題で、今後も激しい議論が続くことでしょう。しかし、中国や韓国の国民に不快感を与え、外交的な摩擦を生むこともある靖国神社への参拝に、何故、安倍総理などはこだわるのでしょうか。一体、どのような国益につながるのでしょうか。恐らく、アメリカのオバマ大統領がいちばん首を傾げるのは、このポイントなのでしょう。
 この不可解な謎に対して、一つ、考えられることは、国家の権威の維持が絡んでいるということです。政治家は、国民に対する権威を維持することを最重要課題と考えます。極力、自分(または国家)の間違いを認めず、自分が常に国民を最善に導いているというイメージを保とうとします。そして、当然のことながら、その中で独特な歴史認識を掲げます。「太平洋戦争は侵略ではなく、自衛だった」とか、「アジヤの諸国を略奪したのではなく、欧米の支配から解放した」とか、「戦死した人々は、誤った軍国主義の犠牲者ではなく、国の平和と繁栄に貢献した人々だ」という、国際社会に通用しない論理を繰り広げます。
 言うまでもなく、人をコントロールすることを目的とした権威主義は、カルト教団においても見られます。絶対的な存在とされるカルトの教祖は、自分への無条件の服従を信者に強要します。信者の利益や人権などは二の次で、教祖の計画・ビジョン・願望が最優先されるのです。
 このような権威主義に対して、イエス・キリストはサーバント・リーダー(しもべ的指導者)の概念を語っておられます。
 「そこで、イエスは彼らを呼び寄せて、言われた。『あなたがたも知っているとおり、異邦人の支配者と認められた者たちは彼らを支配し、また、偉い人たちは彼らの上に権力をふるいます。しかし、あなたがたの間では、そうではありません。あなたがたの間で偉くなりたいと思う者は、みなに仕える者になりなさい。あなたがたの間で人の先に立ちたいと思う者は、みなのしもべになりなさい。人のことが来たのも、仕えられるためではなく、かえって仕えるためであり、また、多くの人のための、贖いの代価として、自分のいのちを与えるためなのです』」(マルコの福音書10章42―45節)。
 ここにあるように、真の指導者は、権力をふるうことをせず、人々に仕える者です。自分の願望ではなく、人々の必要を優先する者です。そのような指導者こそ、真の意味で、人々の信用や尊敬を勝ち取るのです。

 最近、日本の仏教界の中で、「カルト問題の取り組みは寺院の社会活動である」という認識が高まってきています。カルト問題は宗教忌避、宗教離れの大きな原因と見た住職さんたちは、寺院の信頼を取り戻すために、また檀家の子弟をカルトの被害から守るために、啓蒙と情報提供を始めています。特に注目を集めているのは、曹洞宗の活動です。曹洞宗は昨年の3月、カルトによる被害防止を目的に、注意喚起のポスターを制作し、配布することを、ホームページ上で発表しました。ポスターには、「どうしてカルト団体は大学生を勧誘するのか」、「どういった手口があるのか」、「カルト教団に関わるとどうなってしまうのか」などの説明が掲載されています。また、「対処法」として、次のような内容が書かれています。「一人でいる時に声をかけて来ることが多いので、知らない人がアプローチして来たら、その人が何のために近付いて来たかを確認する。しつこい勧誘を受けたり、セミナーに参加してしまった時には、大学の学生相談室や支援窓口へ相談しよう。名前や電話番号、住所をむやみに教えない。主催者や講演者、講演内容がはっきりしない勉強会や講演会には参加しない。危険だと思ったら、はっきりと断る。」この他にも、伝統仏教教団の中では、真宗大谷派や日蓮宗もカルト防止対策のパンフレットを作成し、啓蒙を行なっています。

 世界基督教統一神霊協会(統一協会)の男性信者が家族を相手に「拉致監禁され、信仰を破棄するように強要された」として2億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が1月28日、東京地裁でありました。相沢裁判長は「親族らは長期間、男性の自由を大きく制約した」と認定し、480万円の支払いを命じました。判決によると、男性は統一協会の施設から1995年9月に帰省した際に、親族によって東京都内のマンションに引き留められ、2008年2月まで、カウンセラーの脱会説得を受け続けたそうです。なお、判決は「拉致された事実はない」としながらも、男性は一人での外出や外部との連絡を親族らから禁止されていたと指摘し、「説得の方法として、限度を逸脱した」と判断したうえで、親族とカウンセラーの賠償責任を認めました。判決後の会見で親族の一人は、「問題のある信仰を見直してほしいと、本人に付き添って説得していた。判決は実態を正しく認識しておらず、残念だ」とコメントを発表しています。この判決は、親族による、いわゆる「保護説得」のあり方に影響を及ぼしそうです。12年半に及ぶ説得であったことを考えると、かなり極端なケースだったと言わざるを得ませんが、「いかなる保護説得も無理だ」と、救出を断念する家族も出て来るでしょう。勿論、高裁での逆転判決の可能性も残っています。

最も幸運なオリンピック選手

2014年2月20日(木)

 ソチ・オリンピックは、様々な人間ドラマを繰り広げながら、無事に閉幕しました。前予想通りにメダルを獲得できた人、実力を十分に出せなかった人、また幸運な状況によって想定外の優勝を果たした選手もいましたが、「幸運」と言えば、誰もが思い出すのは、12年前のソルトレークシティ・オリンピックの男子ショートトラックスピードスケート1000メートルにおいて金メダルを獲得したオーストラリア人スティーブン・ブラッドバリー選手でしょう。
 1回戦は、たまたま同じ組の対戦相手にブラッドバリーよりも飛び抜けて速い選手がいなかったため接戦となり、なんとか混戦を制して準々決勝に進むことができました。準々決勝はアボロ・アントン・オーノなど優勝候補らと同じ組となりました。ブラッドバリーは実力差のゆえに中盤から最下位(4位)に後退し、追走する状況となりますが、最終コーナー直前、田村直也とマーク・カニヨンが接触し、田村がコーナーに大きくコースアウトして壁にぶつかり転倒したため、ブラッドバリーは3位でゴール。準々決勝では、上位二人しか準決勝に進出できないため、本来ならブラッドバリーはここで敗退するところでした。しかし、審判が田村とガニヨンの接触について、「ガニヨンが田村を妨害した」と判断し、2位でゴールしていたガニヨンが失格となります。それによって、繰り上げでブラッドバリーはが2位となり、準決勝に進みます。準決勝では、スタートから優勝候補者たちの先頭集団に遅れを取り、終始、最下位(5位)で追走するレース展開になりましたが、残り半周付近で金東聖が転倒し、更に最終コーナーを曲がり終える直前には李佳軍とマシュー・ターコットがそれぞれ転倒。ゴール直前に計3人が転倒したことによりブラッドバリーは2位でゴールし、決勝進出を果たします。決勝では、準決勝よりも大きく先頭集団に遅れを取り、レースの終盤まで最下位(5位)で追走する状況となります。レース後のインタビューで、ブラッドバリーは「体中が痛くて先頭集団のペースに到底ついて行けないことが分かっていたから、わざと、離れて、前の人が転倒することを期待していた。それしか作戦が立てられなかった」と話していましたが、驚くことに、彼の期待通りのことが起きました。ゴール直前の最終コーナーで前を走っていた4人の選手が互いに接触し合い、全員、転倒したために、一人後方にいて難を逃れたブラッドバリーが4人を抜き、1位でゴールし、金メダルを獲得したのです。南半球の国にもたらされた、初めての冬季オリンピック金メダルでした。「棚からぼたもち」とは、まさにこのことを言うのでしょう。今でも、オーストラリアでは、人々は予想外の幸運な出来事を「ブラッドバリー」と呼びます。
 聖書の中にも、「ブラッドバリー的」な出来事を経験した人として、使徒パウロがいます。パウロはキリスト教会を迫害した人物ですが、イエス・キリストとの劇的な出会いによって人生が全く変えられます。

 「私は使徒の中では最も小さい者であって、使徒と呼ばれる資格のない者です。なぜなら、私は神の教会を迫害したからです。ところが、神の恵みによって、私は今の私になりました」(1コリント15:9-10)

 ここで、パウロは自分の身に起こったことを表現するのに、「恵み」という言葉を使っています。聖書の重要なキーワードの一つですが、受ける資格のない者に一方的に与えられる神のご好意を意味します。オーストラリア人なら、「ブラッドバリー」という言葉を使うかも知れませんが、神の恵みはラッキーな人にでなく、求めるすべての人に与えられるものです。

 「ですから、私たちは、あわれみを受け、また恵みをいただいて、おりにかなった助けを受けるために、大胆に恵みの御座に近付こうではありませんか」(ヘブル4:16)。

 あなたにも、「ブラッドバリー的」なことが起こりますように。

 生活に困っている信者たちを手厚く支援することで有名な末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン教会)ですが、教会のビショップ(支部長)から母親の介護料やアパートの家賃を出してもらっていた、ある失業中の男性信者が、突然、「経済的援助を打ち切る」と言われたそうです。その理由は、「喫煙を止めないからだ」ということです。モルモン教徒が守らなければならない多数のルールの中に、喫煙や、カフェインの入ったコーヒーやコーラなどを飲むことに関するものがありますが、それらの規則を守った者だけが、教会の恩恵を受けられる、という訳です。まさに、マインド・コントロールの手法の一つ、「ラブ・シャワー」にほかなりません。

カルトの脱会者による自助グループ
元カルト信者の集い
 カルトの脱会者による自助グループ『いたんだ葦の会』が3月27日(月)午前10時半より、東京都東久留米市にあるカルト研究リハビリ・センターで開催されます。
今回は、特別ゲストとして、ジャン・ドウゲン師夫妻が参加されます。元カルト信者を励ますためのメッセージを語っていただく予定です。参加ご希望の方は、真理のみことば伝道協会の本部まで、お問い合わせ下さい(090-8044-5751)。

マインド・コントロール問題対策DVD発売へ
 日本脱カルト協会より、『カルト:すぐそばにある危機』というDVDが制作され、発売されることになりました。若者はなぜカルトに惹かれるのか。どうして入信してしまうのか。そして、いったん、入ったらなかなか抜け出せないのはなぜなのか。ドラマ、シミュレーション、また実際の元カルト信者の体験談などから、カルト問題の謎を明らかにして行きます。定価は8,000円で高めですが、カルトの勧誘から学生を守るため、高校や大学などの現場で使えるDVDです。
ご注文は、ファックス046-263-0375、メール info@jscpr.org までお問い合わせください。

真理のみことば伝道協会主事
ウィリアム・ウッド
東京都東久留米市幸町
電話:090-8044-5751

「カルト宗教にだまされないために」ウィリアム・ウッド氏fromHarvest Time Ministries on Vimeo.