真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

危機の時に立ち上がる人々

2012年2月16日(木)

 アメリカ合衆国は、国の設立以来、最大の危機に直面していました。奴隷制度の廃止を求める北部の州に対して、南部の州の人々は、「州の権利の侵害だ」と反発し、独立宣言をほのめかしていました。国家の二分という危機的な状況の中で、第16代目の大統領として選ばれたのが、アブラハム・リンカーンでした。リンカーンが就任して数ヵ月後に、懸念されていた通り、南部の11の州が合衆国からの独立を宣言して、南北戦争が勃発します。責任の重さに押しつぶされそうになりながら、リンカーンは勇気を振り絞って、側近に次の言葉をもらしました。

 「私は、神がおられることを信じている。そして、もしそのご計画の中で、私を用いようと私を呼んでくださっているのなら、私はその召命に応じる用意ができている。」

 リンカーンはこう確信して、大統領としての任務を果たし、分裂の危機からアメリカを救ったのです。

 それからちょうど100年後のことです。アメリカは再び、存続の危機に直面しました。キューバ・ミサイル危機です。1962年10月のこと、キューバに核ミサイルを設置したソ連と、その撤去を求めるアメリカが、にらみ合いをしていました。アメリカの偵察機が射ち落されたり、核ミサイルを積んだソ連の潜水艦がアメリカの駆逐艦に追撃されたりして、いつ核戦争が起こってもおかしくない状況が、10日間、続きました。ちなみに、核戦争が起こった場合、両国で8000万人以上の犠牲者が出ると推測されていました。当時の大統領、ジョン・F・ケネディーは、核戦争の危険性が高まる中で、リンカーンの言葉を心の支えにしました。

 「私は、神がおられることを信じている。そして、もしそのご計画の中で、私を用いようと私を呼んでくださっているのなら、私はその召命に応じる用意ができている。」

 結局、ケネディーの粘り強い水面下の交渉が実を結び、ソ連の最高指導者だったニキタ・フルシチョフが妥協案に応じてキューバのミサイルを撤去。事なきを得た訳ですが、まさに、危機一髪でした。
 3月11日、東日本が地震・津波・原発事故というトリプルパンチを受けました。菅総理大臣は、今回の大惨事を「第二次世界大戦以来の危機だ」と言っています。多くの尊い命が奪われ、今も何十万人もの方々が不自由な避難生活を送っています。また、この危機的な状況から日本を救おうと懸命に働いている方もいます。特に尊い仕事をしているのは、原発の処理に当たっている方々です。その中に、50代のクリスチャン男性がいます。他の従業員より年齢が上だったから白羽の矢が立ったのでしょう。しかし、彼は神の召命を確信して、与えられた任務を果たそうとしています。

 旧約聖書のモーセも、イスラエルの民を救うために立ち上がった人物です。初めは、神の召しに対して戸惑いを感じて、「私はいったい何者なのでしょう。パロのもとに行ってイスラエル人をエジプトから連れ出さなければならないとは」とつぶやきましたが、そのような彼に対して、主なる神は、こう語っておられます。

 「わたしはあなたとともにいる」(出エジプト記3章12節)。

 私たちも、今回の惨事で希望を見失っているかも知れません。自分の無力さの前で立ちすくんでいるかも知れません。しかし、神が共にいてくださいます。力を与えてくださいます。東日本の復興のために立ち上がりましょう。

タイガーマスク現象

2012年2月16日(木)

 今年、各地で「タイガーマスク現象」が起きました。「タイガーマスク」、または「伊達直人」と名乗る人々が、児童養護施設や孤児院にランドセルを送ったり、スーパーの寄付箱に10万円の寄付金を入れたりと、北海道から沖縄まで、実に100件以上の寄贈や寄付が行なわれました。

 元々、「タイガーマスク」というのは、1968年から1971年にかけて、週刊誌に掲載された漫画です。主人公は伊達直人という人ですが、孤児院「ちびっこハウス」にいた彼は、喧嘩している所で悪役レスラー養成機関「虎の穴」にスカウトされます。「虎の穴」での殺人トレーニングをこなす日々の中で、自分と同じような生い立ちを持つ孤児たちに、同じような苦しみを味あわせたくないという思いを抱くようになり、「虎の穴」を卒業して、「タイガーマスク」としてプロデビューを果たした後、収入の一部を孤児院に寄付するようになります。当初は、虎の穴へのファイトマネーの半分という上納金は支払った上で、自分の手取り分の範囲内での援助を考えていましたが、自分の出身施設である「ちびっこハウス」の窮状を知り、「虎の穴」へ納める分まで寄付せざるを得なくなります。「虎の穴」は、タイガーを裏切り者と見なし、タイガーを倒すための刺客を次々と送って来ます。どうせ裏切り者となるなら、せめて後輩となる「ちびっこハウス」の子供たちに恥じない戦いをしたいと、正統派スタイルへ転向します。当初は、身に着いた悪役ファイトが抜け切れず、また正攻法では大物レスラーを相手に通用しないので、苦戦の連続でしたが、徐々に力が付いて、やがてドリ―・ファンク・ジュニアとの世界タイトルマッチに臨みます。結局、相手の反則負けでタイトルを奪取できませんでした。そこで、再戦が計画されますが、その再戦の当日、タイガーは車にひかれそうになった子供をかばって死亡する、というストーリーです。

 しかし、どうして今頃、「伊達直人」と名乗る人が沢山、現れて、孤児たちのための寄付をするようになっているのか、不思議でなりません。最初の人は、純粋な愛の心でやっていると思います。後から出て来た人はどうか分かりませんが、この「タイガーマスク現象」を見て、感動している人もかなりいるようです。この間のテレビで、「世の中は捨てたもんじゃない」と言っている人もいました。いずれにしても、漫画、またはアニメに登場する「タイガーマスク」は、子供の幸せのために自分を犠牲にした人です。「タイガーマスク・ブーム」が起こったのは、人々がタイガーマスクのような人間に憧れているからであり、また彼のような人間が現われることを期待しているからだと言えるかも知れません。

 しかし、考えてみると、タイガーとイエス様との共通点があります。イエス・キリストも、父なる神から離れて霊的な孤児であった私たちを救うために、自ら命を捨ててくださいました。

「わたしは、良い牧者です。良い牧者は羊のためにいのちを捨てます」(ヨハネ10:11)

「あなたがたは、私たちの主イエス・キリストの恵みを知っています。すなわち、主は富んでおられたのに、あなたがたのために貧しくなられました。それは、あなたがたが、キリストの貧しさによって富む者となるためです」(2コリント8:9)。

 誰であっても、イエス・キリストを受け入れるなら、この驚くべき愛を経験できます。また、同じ愛を実践する者に変えられるのです。

 「ですから、愛されている子どもらしく、神にならう者となりなさい。また、愛のうちに歩みなさい」(エペソ5:1)。

 こうして、私たち一人一人が、小さなタイガーマスクになるように、神に召されていると言えます。あなたは最近、どなたかに愛を示していますか。

「一日一絵」という生き方

2012年2月16日(木)

 2010年は、私にとっては、健康の大切さを考えさせられる一年でした。人間ドックで腎臓にも、胃にも異常があるということで、精密検査を受けるように言われました。何度、病院に足を運んだか分からないくらい、とにかく、よくお医者さんのお世話になる年でした。また、毎日、生かされていることを、以前よりも感謝するようになったと思います。

 先日、NHKの番組で野沢耕二さんという73歳の男性のことを紹介していました。野沢さんは27年前に病魔に侵され、体が不自由になってしまいました。そのことでとても悩まれたそうです。また、50歳まで生きられるかどうか分からないという状況の中で、人生の意味を深く考えたそうです。そこで、とにかく一日一日を大切に生きようと決心されて、絵日記をつけることにしたということです。27年間、毎日欠かさずに、絵を描いておられます。第3集をめくると、1987年3月4日に書いた、おにぎりの絵があり、こう書かれています。

 「まだ起き上がれない母のために、藤田さんが何彼と心遣いくださり、感謝の気持ちでいっぱい。」

 また、4月12日の絵として、エビネが描かれて、野沢さんはこうコメントしています。

 「昨年5月に、橋之口さんよりいただいたもの。今年も、すくすく伸び間もなく咲きそう。」

 この絵日記を読んで、野沢さんが本当に一日一日を大事にしていることがよく分かります。また、NHKの番組の中で、車いすに乗ってスーパーに出かける場面を映していましたが、野菜を手にとって、「どこで作られている野菜ですか」と必ず、聞きます。そして、「どんな方が作っているのだろう。きっと大変な苦労をされているだろうね」ということを言われるのです。なかなか立派な生き方だと思います。また、聖書的な生き方だとも言えましょう。

 「それゆえ、私たちに自分の日を正しく数えることを教えてください。そうして私たちに知恵の心を得させてください。」(詩篇90:12)

 普通の人間は、自分の年を数えますが、詩篇の作者は、自分の日を数えようとしています。それはつまり、毎日、与えられた時間や機会をフルに活かして、その日その日の出会いを大切にし、天から注がれた恵みに感謝する生き方です。

 来年も、毎朝、次のような祈りをもって、一日のスタートを切りたいと考えています。

 「天の父なる神様。あなたが設けられたこの日を、心から感謝します。今日も生かされていることをありがとうございます。今日という日を大切にし、今日出会うすべての人々にあなたの愛を分かち合い、あなたから預かった才能を用い、あなたのみこころを行なうことができますように、守ってください。」

天国に行った男

2012年2月16日(木)

 1983年の2月、ドン・パイパー牧師は、アメリカのテキサス州で開かれたセミナーから車で自宅に帰る途中、凍結した道路でスリップしてしまい、車は大破しました。駆け付けた救助隊員は、パイパーさんが死亡していることを確認してから他の負傷者の救助に向かいました。その数時間後、事故現場に居合わせた別の牧師がパイパーさんの車を発見しますが、脈もなく呼吸もしていないことを確かめつつ、必死に祈り始めました。すると、パイパーさんが生き返ったのです。その後、ずっと危篤状態が続いて、何度も危機的状況を脱出して、数カ月後に無事に退院するのですが、その時、彼の口から驚くべき話が出たのです。車の中に放置されていた数時間、自分は天国に行っていた、というのです。

 その証しの詳細は、彼の著書『天国に行った男』に記されていますが、最初は、先に亡くなった親族や友人の熱烈な歓迎を受けます。皆に握手を求められたり、肩を叩かれたり、抱き着かれたりします。その中に、若い時に事故などで亡くなった人もいましたが、全員、顔が喜び輝いていました。パイパー牧師も、38歳という若さで死んで、家族を地上に残した悲しみがあったはずですが、地上で苦しかったことや悲しかったことはすべて、自分の意識から取り去られていたと言います。皆の歓迎を受けて、大きな愛に包まれているのをひしひしと感じた、とも証ししています。また、自分を歓迎してくれた人たちは、地上で別れた時のままの姿だったそうです。但し、しわや、病気による身体障害などがなくなっていた、ということです。パイパーさんは更に、天での賛美について述べていますが、何百種類もの異なった賛美が絶えず、同時に流れていたと言っています。また、何百もの賛美が歌われているにも関わらず、その一つ一つを聞き分けることができたというのです。しかも調和が取れていたというのです。

 退院後、パイパーさんはアメリカの各地を回り、自分の体験を語るようになりましたが、彼の話は、家族を亡くした人々に慰めを与えると共に、天国のリアリティー(現実性)を訴えています。

 聖書の最後の書である黙示録には、天国に関する数多くの具体的な描写があります。

「新しいエルサレム」と呼ばれる天の都の大きさ、その建設に使われている材料、その中で営まれる生活等について、詳しく書かれています(21章9―27節参照)。

また、信じる者が受ける祝福のことも、次のように簡潔にまとめられています。

「そのとき私は、御座から出る大きな声がこう言うのを聞いた。『見よ。神の幕屋が人とともにいる。神は彼らとともに住み、彼らはその民となる。また、神ご自身が彼らとともにおられて、彼らの目の涙をすっかりぬぐい取ってくださる。もはや死もなく、悲しみ、叫び、苦しみもない。なぜなら、以前のものが、もはや過ぎ去ったからである。』」(黙示録21章3―4節)。

2000年前から、世界中の人間の確かな希望となっている個所です。この世にあって、どんなに辛いことがあっても、素晴らしい未来が待っています。あなたも、イエス・キリストを信じて、天国行きの列車の切符を手に入れてください。

「渇く者は来なさい。いのちの水がほしい者は、それをただで受けなさい」(黙示録22章17節)。

今の政治家に求められるもの

2012年2月16日(木)

 鳩山総理の突然の辞意表明に、多くの日本国民が驚くと共に、呆れてしまったことでしょう。日本の総理大臣の辞任劇は、4年前から、毎年、繰り返されています。ここ22年の間に、総理大臣が実に、16回も変わっているのです。アメリカのオバマ大統領は2年前に「チェンジ」(変革)という標語を掲げて、国民の心を動かしましたが、日本の場合は、幾らなんでも、チェンジのし過ぎです。

 鳩山さんが辞任に追い込まれた理由として、政治と金の問題、高速の無料化などのマニフェストを実現できなかったこと、「米軍基地の県外・国外の移転」という、沖縄県民に対する約束が守れなかったこと等が挙げられますが、一言で言うと、言葉の軽さです。後から、「基地の県外、あるいは国外への移転の話は、私の個人的な希望であって、民主党の決定ではないから、公約ではありません」と苦しい弁解(こじつけ)をしましたが、これでは、政治家として信用されません。そればかりか、国民を不安に陥れています。

 数多くの深刻な問題が山積している今、私たちは日本の政治家たちに何を求めるべきなのでしょうか。一つは、明確なビジョンです。この国の進むべき方向を示し、具体的な問題解決法を提示し、国の繁栄と国民の幸せが信じられる具体的な目標を掲げることです。「幻がなければ、民はほしいままにふるまう」と旧約聖書の箴言29章18節にありますが、まさに、日本の現状を表しています。明確なビジョンがないために、人々は国の将来を考えずに、自分中心的な生き方をしているのです。

 次に、ビジョンを実行するための知恵が求められています。国がこのまま借金生活を続けると必ず破綻すると、専門家たちは警告をしています。たとえ専門家でなくても、赤字を止めなければどうなるか、誰の目にも明らかですが、問題を認識しているだけでは何も変わりません。この危険な状況を打開するにはどうしたら良いか、その具体的な対策が必要です。ダビデ王を支える人々の中に、「時を悟り、イスラエルが何をなすべきかを知っている」イッサカル族の指導者が200人もいたと書かれています(1歴代誌12章32節)。今日、日本にもこのような集団がいたら、国は変わります。

 最後に、勇気です。国を変えるためのビジョンは、必ずしも、すべての人々に喜ばれるものとは限りません。国民の痛みが伴うものは、反対されるかも知れません。例えば、「国の財政を安定させるためには消費税の税率を上げなければならない」と言うと、即座にブーイングの大合唱が始まるでしょう。しかし、本当に国のことを考える政治家は、人の耳に心地の良い話ばかりをせずに、勇気をもって、国益のための政策を打ち出して、実行することも必要です。

 間もなく、参院選が行なわれます。ビジョンと知恵と、勇気のある政治家が選ばれることを、切に祈りたいものです。

 「そこで、まず初めに、このことを勧めます。すべての人々のために、また王とすべての高い地位にある人たちのために願い、祈り、とりなし、感謝がささげられるようにしなさい。それは、私たちが敬虔に、また、威厳をもって、平安で静かな一生を過ごすためです」(1テモテ4章1―2節)。

カルトの脱会者による自助グループ
元カルト信者の集い
 カルトの脱会者による自助グループ『いたんだ葦の会』が5月29日(月)午前10時半より、東京都東久留米市にあるカルト研究リハビリ・センターで開催されます。
学びのテーマは、『カルトと聖書 パート6』です。カルトはどのような目的で聖書を使うのか、カルト脱会後にどのように聖書を読めば良いかを学びます。参加ご希望の方は、真理のみことば伝道協会の本部まで、お問い合わせ下さい(090-8044-5751)。

マインド・コントロール問題対策DVD発売へ
 日本脱カルト協会より、『カルト:すぐそばにある危機』というDVDが制作され、発売されることになりました。若者はなぜカルトに惹かれるのか。どうして入信してしまうのか。そして、いったん、入ったらなかなか抜け出せないのはなぜなのか。ドラマ、シミュレーション、また実際の元カルト信者の体験談などから、カルト問題の謎を明らかにして行きます。定価は8,000円で高めですが、カルトの勧誘から学生を守るため、高校や大学などの現場で使えるDVDです。
ご注文は、ファックス046-263-0375、メール info@jscpr.org までお問い合わせください。

真理のみことば伝道協会主事
ウィリアム・ウッド
東京都東久留米市幸町
電話:090-8044-5751

「カルト宗教にだまされないために」ウィリアム・ウッド氏fromHarvest Time Ministries on Vimeo.