真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

九転十起生

2015年10月15日(木)

 「九転十起生」。
 これは、幕末から大正という激動の時代を切り開いて行った実業家、広岡浅子のペンネームです。ご承知のように、NHKドラマ「あさが来た」のヒロインあさのモデルです。1849年に三井家の令嬢として生まれた浅子は、幼い時から学問に強い興味を持ちますが、「女に教育は不要」という当時の商家の習慣は固く、家人から読書を禁じられます。やがて、17歳の時、大阪の豪商である加島屋の次男と結婚します。女性は器物同様に扱われた時代でしたが、使用人に任せて業務にかかわろうとしない商家の風習に疑問と限界を感じた浅子は、筆記や算術を独学するようになります。彼女の努力の甲斐があって、明治維新の動乱の中で、かなり危なくなっていた加島屋の財政が立ち直ります。更に、浅子は1884年に炭鉱事業に参画し、福岡県飯塚市にある炭鉱を買収し、開発に着手します。その際、単身炭鉱に乗り込み、身を守るためにピストルを持ち歩いていたと言われています。このように、男もためらうような冒険的な事業に敢えて乗り出したので、狂気扱いされることも度々あったといいます。1888年に加島銀行を設立し、1902年に大同生命創業に参画するなど、加島屋は近代的な金融企業として大阪の有力な財閥となります。
こうして、浅子は明治の代表的な女性実業家として名を馳せた訳ですが、60歳の時に乳癌を患い、大きな挫折を味わいます。それまで、「九転び十起き」の精神で様々な困難を乗り越えた彼女でしたが、救いを求めて、大阪基督教会を訪ね、宮川経輝牧師から福音を聞きます。聖書の教えに、浅子は、「わが身の傲慢な事が解り、今までの生涯が恥ずかしくも馬鹿らしくも思われ」たのです。その後、洗礼を受けて、走り続けた生涯でやっと心の平安を得たのです。その生涯の中で、浅子は何度も転んで、起き上がって来ましたが、最後に起き上がった場所は、神の御手の中でした。
 聖書にも、「九転び十起き」と同じような言葉があります。
 「悪者よ。正しい人の住まいをねらうな。彼のいこいの場所を荒らすな。正しい者は七たび倒れても、また起き上がるからだ」(箴言24章5―16節)。
 何度、転んでも起き上がる。困難な状況にあっても、希望を捨てずに、チャレンジし続ける。人生の基本中の基本だと言っても過言ではありません。しかし、誰であれ、地面から起き上がらなければならないと分かっていても、周りから「頑張れ!」と声援を受けても、なかなか立ち上がれない時があります。もう、力が尽きてしまっています。どうすることもできないのです。そのような時に、もはや諦めるしかないのでしょうか。いいえ、まだ道が一つ、残っています。それは、広岡浅子のように、造り主なる神を求めて、聖書の約束を握り締めることです。
 「正しい人は、神様の指示に従って歩みます。神様はその一歩一歩をお喜びになるのです。たとい倒れても、それで終わりではありません。神様がしっかり支えておられるからです」(詩篇37篇23―24節、『リビング・バイブル』)。
 あなたも、神の力強い御手に支えられて、再び、起き上がることができますように。

福永法源の「復活祭」?

2015年8月20日(木)

 「法の華」という宗教団体の設立者で、「足裏診断」などで信者から約1000億円もの金を集めて詐欺容疑で逮捕され、2008年に懲役12年の実刑判決を受けた福永法源(70歳)。栃木県の黒羽刑務所に服役していましたが、昨年、密かに出所していたことが今年になってから明らかになりました。真面目な刑務所暮らしが認められて刑期が短縮されたようですが、自由の身となった福永は早速、2015年4月5日に、東京都内のホテルで本人の「復活祭」を行ないました。福永の過去の映像が映し出されたり、幹部信者への称号授与式があったりしました。また、福永の講演もあって、その中で、「今でも、全然罪を認めていない」とか、「今日の朝、天声はこんなことを言っている。『罪に陥れた人、有罪を決めた連中はみんな捕まっている』」、とか、「どこまでも筋を通せば勝ちです。おどおどしたら負けです」とか、「これから70億人救済が始まる」などと力説しました。今後、「よろこび家族の和=天華の救済」と名を変え、活動を再開する模様です。2005年から2008年まで続いた裁判の中で、検察側は、「宗教活動に名を借り、組織ぐるみの詐欺を推進した詐欺師。反省の情はみじんもない」と主張しましたが、6年に及ぶ刑務所生活は福永の性格に何の変化ももたらさなかったようです。

ベーブ・ルースと戦争

2015年8月20日(木)

 先日、甲子園で行われた全国高校野球大会において、素晴らしい活躍を見せた清宮幸太郎くん。まだ1年生であるのに、早稲田実業の3番バッターとして、チームをベストフォーに導きました。清宮くんは日本のみならず、海外のメディアからも注目されて、「和製ベーブ・ルース」と呼ばれています。確かに、そのバッティングの迫力には、ベーブ・ルースを思わせるものがあります。明るい性格も、また、顔つきまでもが似ていると言えるかも知れません。
 御周知のように、ベーブ・ルースはニューヨーク・ヤンキースなどのチームの主力打者として714本ものホームランを打った人で、アメリカ人にとっては、まさに伝説的な人物です。彼は一度だけ、他の大リーガーたちと一緒に来日したことがあります。1934年の話です。アメリカと日本は、その時点で既に、かなり緊張した関係になっていましたが、日本の国民はベーブ・ルースを熱烈に歓迎して、どこの野球場でも「ベーブ・ルース万歳!」と叫んでいました。余りの歓迎ぶりだったので、当時のアメリカ大使は、「戦争になることは絶対にないだろう」とルーズベルト大統領に報告をしています。しかし、残念ながら、7年後に状況が一変しました。ちなみに、フィリピンなどで日本兵が死の突撃を行う際、「ベーブ・ルース、地獄に落ちろ!」(ゴー・トゥ・ヘル)と英語で叫んでいたということです。
 8月15日に、終戦70周年を迎えた日本。国民の大多数が反対する中で、「戦争法案」とも呼ばれる安保法案が可決されようとしている今、真の平和とは何か、真剣に考えなければなりません。一言で言えば、平和とは争いのない状態を意味しますが、個人的な喧嘩にしても、国家間の戦争にしても、その根本にあるのは、自分の利益の最優先、自分だけが正しいという主張、そして相手は生きる資格のない極悪人であるという思い込みです。戦場に送られる兵士の教育は、相手国の人間を徹底的に憎むことから始まります。相手を憎まなければ、殺せないからです。
 こうしたことを考えると、戦争をなくすための最も重要なことは、他国の人間との交流だと言えるのではないでしょうか。相手を知りさえすれば、相手に対する偏見や先入観は必ず、なくなります。しかし、他国人との交流が禁じられ、他国から発せられる情報が統制されるような事態になると、再び、醜い裁き合い、憎み合いが始まるのです。「ベーブ・ルース、万歳!」の叫びが、「ベーブ・ルース、地獄に落ちろ!」に変わってしまうのです。
 「和製ベーブ・ルース」の野球選手としての今後の活躍が注目されますが、私は、彼が野球を通じて、日本と諸外国との架け橋になってくれることを期待したいと思います。
 「平和をつくる者は幸いです。その人は神の子どもと呼ばれるからです」(マタイの福音書5章9節)。
 イエス・キリストの有名な言葉ですが、平和をつくる者は、正確な情報を集めて、人と人との間の誤解を取り除く人です。偏見を持たず、自ら人に近づき、その人の真意を確かめる人です。違う意見の人を尊重する人です。家庭の平和、職場の平和、国家間の平和のために、私たちにどんなことができるのでしょうか。

波紋を呼ぶ統治体成員の発言

2015年6月26日(金)

 去る4月25日に広島県三原市で開催されたエホバの証人の地域大会において、統治体のメンバーの一人、スティーブン・レットが講演を行ないました。その中で特に強調されていたのは、「高等教育よりも伝道を優先しましょう」ということだったようです。ものみの塔協会は、過去において、何度も世の終わりが間近に迫っているからと言って、若者の進学は望ましくないとの見解を発表しています。それによって、真面目な若者たちは進学や就職の夢を諦めて、人生を棒に振っています。そのことに対して組織は謝罪もしていないし、何ら反省もしていません。だからこそ、同じ過ちを犯すと言えます。更に、youtubeに掲載されている、エホバの証人の別の大会の動画では、レット氏は組織の中で児童に対する性的虐待が容認されてきたという報道を取り上げて、「背教者が作り出した偽りだ。馬鹿げている」と断言しています。長老などから性的虐待を受けている無数の被害者たちは、その動画を見て、心を痛めているに違いありません。

 日本で唯一、「メガチャーチ」(礼拝出席者数が2000人以上の巨大な教会)と呼ばれていたヨハン東京キリスト教会。東京の東中野にある本部教会以外の40カ所においても支部教会を開拓し、その信徒数の合計は5000人を越えて、注目を集めていました。ところが、昨年の夏、主任牧師の金圭東(キム・ギドン)の私生活における数々の問題が発覚し、辞任に追い込まれました。その後、リーダー層が一般信徒たちと共に権威主義的になっていた教会の体質を見直す動きが進み、5月に、ウィリアム・ウッドを迎えてのセミナーが3回、開催されました。テーマは「健全な教会として歩む」でしたが、初回は「健全な教会はイエス・キリストが崇められる教会」、2回目は「健全な教会は霊的成長(自立)が見られる教会」、3回目は「健全な教会は自由のある教会」と、教会が聖書から逸脱し、カルト化してしまうその原因が具体的に説明されました。セミナーを通して気持ちの整理がついて、前に進もうとする信徒もいますが、傷が深く、様々な混乱の中で苦しんでいる方もかなりいます。特に深刻なのは、牧師から結婚を命じられていたカップルです。恋愛の末、結ばれたのではなく、ただ牧師の命令によって結婚させられた方々ですが、その結婚をどう考えれば良いか、迷っています。今後も、しばらく、学びとカウンセリングが必要ですが、教会として、健全化を目指して、確かな一歩を踏み出したと言えそうです。

カルトの脱会者による自助グループ
元カルト信者の集い
 カルトの脱会者による自助グループ『いたんだ葦の会』が3月27日(月)午前10時半より、東京都東久留米市にあるカルト研究リハビリ・センターで開催されます。
今回は、特別ゲストとして、ジャン・ドウゲン師夫妻が参加されます。元カルト信者を励ますためのメッセージを語っていただく予定です。参加ご希望の方は、真理のみことば伝道協会の本部まで、お問い合わせ下さい(090-8044-5751)。

マインド・コントロール問題対策DVD発売へ
 日本脱カルト協会より、『カルト:すぐそばにある危機』というDVDが制作され、発売されることになりました。若者はなぜカルトに惹かれるのか。どうして入信してしまうのか。そして、いったん、入ったらなかなか抜け出せないのはなぜなのか。ドラマ、シミュレーション、また実際の元カルト信者の体験談などから、カルト問題の謎を明らかにして行きます。定価は8,000円で高めですが、カルトの勧誘から学生を守るため、高校や大学などの現場で使えるDVDです。
ご注文は、ファックス046-263-0375、メール info@jscpr.org までお問い合わせください。

真理のみことば伝道協会主事
ウィリアム・ウッド
東京都東久留米市幸町
電話:090-8044-5751

「カルト宗教にだまされないために」ウィリアム・ウッド氏fromHarvest Time Ministries on Vimeo.