真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

 ものみの塔協会は、今年から、『ものみの塔』誌と、『目ざめよ!』誌を隔月に発行することにしたようです。『ものみの塔』誌は1・3・5月、『目ざめよ!』誌は2・4・6月というふうに出されることになる訳ですが、経済的な理由なのか、雑誌による伝道効果を見直した結果なのか、分かりません。いずれにしても、数年前から続いている傾向であることは間違いありません。元々、月に2回発行されていた各雑誌が月に1回のものとなり、隔月のものとなり、ページ数も32ページから16ページに減らされてきました。客観的に見て、組織は明らかに勢いをなくし、生き残るための苦肉の策に出ています。一般の伝道者たちの中に、この傾向に疑問を感じている人もいるはずです。

難民問題を考える

2016年2月26日(金)

 去年の夏ごろから、シリヤの難民問題が何度もニュースで取り上げられています。難民たちは、数年前から続いている内戦による悲惨な状況から何とか逃れようとして、シリヤからトルコ経由でギリシヤに渡り、最終的にはドイツやイギリスなどを目指しますが、エーゲ海でゴムボートが転覆して、命を落とす人々が沢山います。1月22日の転覆事故で45人、1月30日の事故で33人も死亡したと報道されています。また、数ヶ月前、ギリシヤの海岸に流れ着いた4歳の男の子の遺体の映像がインターネットに載り、世界中の人々に大きな衝撃を与えました。その映像を見て、「何とかしなければならない」と誰もが思ったでしょうが、なかなか難しい問題をはらんでいます。
難民の受け入れが期待されているドイツやフランスには、猛反対している人々が多くいます。難民の中に、テロリストが紛れ込んでいるのではないかとか、自分たちの税金の負担が増えるのではないかとか、国の文化が変わってしまうのではないかとか、失業率が悪化するのではないか、とかいうような懸念を持っています。また、そもそも何故、国民の血税で関係のない外国人の面倒を見なければならないのかという不満を漏らす人々もいます。確かに、国民の言うことにも一理あります。
アメリカも前から、アフリカなどの難民を積極的に受け入れていますが、なかなかうまく行かない面が多々あります。先日、南部のジョージア州で難民を支援するためのボランティア活動をしている20代の女性の話を読みました。ルマ・ムフレーという女性で、ヨルダンの裕福な家庭で生まれ育った人ですが、アメリカの大学に入って、そのままアメリカに残り、アメリカの市民権を取った人です。自分も外国からアメリカに移住し、外国人としての苦労が分かるから、何とか難民がアメリカの社会になじむことができるように助けたいと思って、ジョージア州のクラクストンという町で難民の子供のためのサッカー・チームを始めたのです。アフリカのスーダン、ヨーロッパのコソボ、中東のイラク、またアフガニスタンなどから子供が集まって来ました。皆、大変な状況の中から命からがら逃げて、大きな傷を負っている子供ばかりです。ルマさんはチームの監督として、子供たちにサッカーを教えるだけでなく、勉強を見てあげたり、相談相手になってあげたり、家庭に食べ物を届けてあげたりするのですが、少しずつ、子供たちとその家族の信用を得て行きます。しかし、チームとして一つになるということは、なかなか大変でした。言葉や生活習慣の違いもあり、中東から来た子のアフリカ人に対する偏見もあり、アフリカ人のヨーロッパの人に対する警戒心もありましたが、ルマさんはなるべくお互いの違いではなく、共通点を強調しました。そのうちに、チームとして見事にまとまって、サッカー大会で優勝するのです。
 ここに、難民問題の解決の糸口があると言えるかも知れません。まず、お互いの違いではなく、共通点を見つけることです。更に、それに加えて、受け入れる側に難民に対する同情心と期待感、難民側に感謝の表明・地域活動への参加・言語の取得を加えることができれば、相互理解が生まれるのではないでしょうか。
 聖書はこう言っています。
 「あなたがたの神、主は、神の神、主の主、偉大で、力あり、恐ろしい神。かたよって愛することなく、わいろを取らず、みなしごや、やもめのためにさばきを行ない、在留異国人を愛してこれに食べ物と着物を与えられる。あなたがたは在留異国人を愛しなさい。あなたがたもエジプトの国で在留異国人であったからである」(申命記10章17―19節)。

 数年前から、戸別訪問による伝道の成果が乏しいためか、エホバの証人は駅前に立って、小冊子等の提供を行なっています。渋谷などで1日に数10人のコンタクトができたという情報も聞いていますが、先日、ある協力者からの報告によると、立川駅前で、2台の広告用の電子看板を伝道に利用していた2人のエホバの証人の婦人がいたそうです。電子看板は2台とも、「聖書」と大きく書いてあり、恐らく、立ち止まる人がいると、画面が変わって、エホバの証人の活動を紹介するビデオなどが流れるようになる仕組みではないかと思われます。果たして、どれほどの効果が出るのか。映画か何かのイベントのキャンペーンガールに誤解される可能性も大いにあるでしょう。

サイレント・ナイト

2015年12月28日(月)

 あるクリスマス・イブに起こった奇跡の話です。アメリカのモンタナ州に住む新婚のケイティーとスティーヴは、夫婦として迎える最初のクリスマスを楽しみにしていました。ところが、11月の暮れに、ケイティーのお母さんが末期癌であるという悲しい知らせが舞い込んで来ました。ケイティーは看病のために、二人の貯金をはたいて、すぐに飛行機に乗り、お母さんのいるアイオワ州に飛んで行きました。夫のスティーヴも、クリスマスの数日前に、合流する予定でしたが、自分の分の飛行機代はありませんでした。教会に祈りの課題を出しました。すると、同じ教会のメンバーのジョーという人で、セスナ機を持つビジネスマンが、「ついでの用事があるから、クリスマス・イブに、うちの飛行機でアイオワ州まで送ってあげるよ」と言ってくれたのです。スティーヴは祈りの答えだと信じて、ジョーの言葉に甘えることにしました。
しかし、12月24日の午後、空港に行って、ジョーのセスナ機を見て、スティーヴは少なからず、不安を覚えました。飛行機に乗るのも初めてだったし、そのサイズも余りにも小さかったからですが、空港の中で、「サイレント・ナイト」が流れているのを聞いて、神が共におられることを確信しました。それに空港は快晴だったし、たった数時間の飛行だから、きっと守られるだろうと思って、セスナ機に乗り込みました。最初の1時間は順調でしたが、そのうちに濃い霧が発生して、全く何も見えなくなってしまいました。そこでスティーヴはまた、不安になりましたが、ジョーはすぐに言いました。
「計器飛行ができるから、心配、要らない。空港の上に霧があると困るけれども、アイオワ州までこの状態が続くことはまずあり得ない。」
ところが、そのあり得ないことが起きてしまったのです。アイオワ州のデモイン空港は濃霧に覆われていました。ジョーは助けを求めようと思って、管制塔に事情を説明しましたが、管制塔の返事は、「空港は、霧のために閉鎖されています。サウスダコタ州の空港に引き返してください」ということでした。しかし、ほとんど燃料が残っていませんでした。そのことを管制塔に伝えても、しばらく返答がありませんでしたが、数分後に、別の男性の力強い声が聞こえて来ました。
「よし、分かった。緊急着陸を許可する。」
ジョーは何も見えない中で、空港を目がけて、少しずつ、高度を下げて行きました。しかし、彼の見当はずれていました。空港から数キロ離れた高速道路の上を飛んでいました。突然、「機体を上げなさい」という男の声がしました。あと、数メートルで、高速道路の標識にぶつかるところでした。再び、男の声がありました。
「落ち着きなさい。私の指示に従うなら、必ず、無事に着陸できる。」
ジョーは答えました。
「了解。じゃ、お願いします。」
男は具体的な指示を出し始めました。
「もう少し、高度を下げて。いや、それは下げ過ぎ。はい、そのまま。今度は、右のほうに機体を傾けて。はい、そのまま真っ直ぐ。そのまま高度を下げて。もう、滑走路が見えて来たでしょう。」
男の言う通り、滑走路が見えて来ました。そして、無事に、着陸できたのです。二人は、親切な男性にお礼を言おうと思って、再度、管制塔に連絡をしました。
「助かりました。適切な指示をしてくださって、本当にありがとうございました。あなたは、私たちの命の恩人です。」
管制塔の人は当惑した様子で言いました。
「何を言っているのですか。私たちは何の指示も出していません。先程も伝えたように、空港は濃霧のために閉鎖されており、どの飛行機に対しても着陸許可を出していないのです。」
二人は顔を見合わせました。そして、二人とも、心底から震え上がるような感動を覚えながら、同時に、「神様の声だった。神様、ありがとうございます」と言ったのです。スティーヴは、空港で『サイレント・ナイト』が流れていたのを思い出しました。まさに、クリスマス・イブの静寂を、神様の声が打ち破り、二人の命を救ったのです。2000年前にも、静かに羊の夜番をしていた羊飼いたちのところに、神様の救いの知らせが響き渡りました。
 「きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです」(ルカによる福音書2章11節)。

 9月21日に放映された「ビートたけしのTVタックル」というテレビ番組の中で、創立者であり、「世界のメシヤ」とされていた文鮮明の死去後、統一協会がどう変わったか、これからどう変わろうとしているかということが検証されました。まず、取り上げられたのは、「合同結婚式」のあり方です。文鮮明が存命中、毎年、何千組ものカップルが一度に結ばれる合同結婚式が開催されていましたが、その際、教祖自らが、参加者の写真を見て、カップルの組み合わせを決めていました。全くの他人同士が結婚式の当日に初顔合わせをする訳ですから、未信者から見れば、到底、理解できない話ですが、信者の考えでは、「世界のメシヤが決めてくれた相手だから、きっと幸せになれるはずだ」ということになっていました。しかし、2012年9月に「世界のメシヤ」が他界。その後、合同結婚式はどうなったか。どうやら、続いていたようです。ソウル郊外の教団の施設において、2013年の2月に60カ国から3500組、2014年2月に50カ国から2500組、2015年2月に50カ国から3800組の「即席カップル」が誕生しています。しかし、彼らは教祖の独断で結ばれたのではなく、統一協会の「マッチングサイト」で知り合って、デートを重ね、お互いに気持ちが合ったから合同結婚式への参加を申し込んだ人々です。(紹介された相手が気に入らなければ、断ることもできるそうです。)昔の信者から絶対に考えられない話ですが、統一協会が形を変えても合同結婚式を続けたい理由があります。それは、結婚式に参加するカップルに「祝福金」として140万円も要求することができるからです。そのうちに、教団を継承した教祖一族の中に、「我こそ救世主だ」と名乗り、文鮮明と同等の権威を主張する人が現れれば、昔のやり方に戻る可能性もあります。もう一つ、番組の中で取り上げられた課題は、団体名の変更です。今年の8月から、「世界基督教統一神霊協会」が、「世界平和統一家庭連合」に変わったそうです。そのことにより、統一協会であることを隠した活動(霊感商法など)が再び、活発化するのではないかと、警戒が強まっています。

カルトの脱会者による自助グループ
元カルト信者の集い
 カルトの脱会者による自助グループ『いたんだ葦の会』が9月25日(月)午前10時半より、西武池袋線東久留米駅徒歩20分の所にあるカルト研究リハビリ・センターで開催されます。
学びのテーマは、『カルトにおける入信・生活・脱会 パート1』です。今までとは集会場所が変わるので、参加ご希望の方は、必ず事前に、真理のみことば伝道協会の本部まで、お問い合わせ下さい(090-8044-5751)。

マインド・コントロール問題対策DVD発売へ
 日本脱カルト協会より、『カルト:すぐそばにある危機』というDVDが制作され、発売されることになりました。若者はなぜカルトに惹かれるのか。どうして入信してしまうのか。そして、いったん、入ったらなかなか抜け出せないのはなぜなのか。ドラマ、シミュレーション、また実際の元カルト信者の体験談などから、カルト問題の謎を明らかにして行きます。定価は8,000円で高めですが、カルトの勧誘から学生を守るため、高校や大学などの現場で使えるDVDです。
ご注文は、ファックス046-263-0375、メール info@jscpr.org までお問い合わせください。

真理のみことば伝道協会主事
ウィリアム・ウッド
東京都東久留米市幸町
電話:090-8044-5751

「カルト宗教にだまされないために」ウィリアム・ウッド氏fromHarvest Time Ministries on Vimeo.