真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

 昨年、日本政府による沖縄県・尖閣諸島の国有化に抗議し、中国の各地で反日デモが行なわれました。その中で、暴徒の標的となった日系企業の工場やスーペー、コンビニなどの店舗は破壊され、放火によって大きな被害を受けました。デモに参加した、ある人たちは、「宣戦を布告せよ!」とか、「東京に原爆を落とせ!」とかいうような過激な言葉を叫んでいました。一時、日本製品をボイコットする動きも広がりました。今現在、鎮静化のしるしも現れているようですが、どうして、誰も住んでいない小さな島のことで、これだけの大騒ぎが起こるのでしょうか。
その理由は、44年前に行なわれた海底調査に遡ります。東シナ海の大陸棚石油資源が埋蔵されていることが明らかになったのです。推定2000億バレルという、サウジアラビアに次ぐ大量の石油埋蔵量の可能性があると言われています。この海洋調査の結果が発表されてから、中国が突然、領有権を主張し始めた訳ですが、日本政府としては、話し合いによって解決をしたいと考えています。また、日本と中国の両国において、新しい政権が誕生して、何らかの進展があるのではないかと期待されています。しかし、これだけ莫大な富がかかわっていると、そう簡単には落とし所が見つかりません。1978年の10月に、中国首脳として初めて訪日した鄧小平氏は、尖閣諸島の問題にふれて、「後の時代の人々が私たちよりも頭が良いだろうから、彼らに任せよう」という発言をしています。それだけ難しい問題なのです。もし、ある政治家が提案しているように、日本が強引に国有化を進めていくと、ますます、中国の反発を買うことになります。戦争に発展することにもなり兼ねないのです。唯一の解決法は、油田の共同開発だと思いますが、これもなかなか困難な話でしょう。日本と中国が、膨大な富を仲良く山分けにするとは想像しにくいのです。いずれにしても、お互いに自分の領有権ばかりを主張している間は、どちらのサイドも損をします。海底に眠っている石油は、誰のものにもならないのです。
愚かな人間の罪を示している話ではないでしょうか。人間は、富を得ることによって自分の幸せや安全が保証されると考えます。そこで、必死になって、富を追い求めます。必要があれば、戦います。誰が迷惑しようと、被害を受けようと、関係ありません。とにかく、富を確保できれば、あるいは富を守ることができれば、それで良いのです。こうして、人間が自分の利益ばかりを最優先している限り、戦争はなくなりません。
しかし、一方、「私の必要は十分に満たされている。私は十分な物を持っているから、満足している。安心だ。幸せだ」という実感があるなら、人と争わなくなります。では、この満足感や幸福感や心の豊かさはどこから来るのでしょうか。なかなか、この世の富や名誉によって得られるものではありません。この世のものは消え去って行く、はかないものです。しかし、永遠になくならない富もあります。それは銀行に預けるものではなく、手に持つものでもありません。イエス・キリストを信じる者の心に与えられるものなのです。
「イエスは答えて言われた。『この水を飲む者はだれでも、また渇きます。しかし、私が与える水を飲む者はだれでも、決して渇くことがありません。わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠のいのちへの水がわき出ます』」(ヨハネによる福音書4章13―14節)。
「さて、祭りの終わりの大いなる日に、イエスは立って、大声で言われた。『だれでも渇いているなら、わたしのもとに来て飲みなさい。わたしを信じる者は、聖書が言っているとおりに、その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになる』」(7章:37-38節)。
イエス・キリストが与えてくださる永遠の命は、人間の霊的な渇きを完全にいやすものです。この「生ける水」を飲む者が増えれば増えるほど、人類の夢である世界平和に近付くことができるのではないでしょうか。

『霊の戦い 虚構と真実』(ウィリアム・ウッド、パスカル・ズィ―ヴィー共著)の点訳ができました。沖縄点字図書館に登録されるので、全国どこからでもネットで検索できて借りる事ができます。点訳されているキリスト教関係の本は良い本が少なくて、問題のある牧師、繁栄の神学の信奉者が書いている本が多いようですが、『霊の戦い 虚構と真実』が目の不自由な方々に歓迎されることを祈ります。

 福岡の元エホバの証人の集まりである「オリーブの会」の協力によって、先月、『ものみの塔の知られざる素顔』が沖縄や宮古島で配布され、大きな反響を呼んでいます。何件かの問い合わせがあり、すぐに脱会した方もあった、とのことです。また、トラクトを配布した方から、「更に、千部、送ってください」との要請が真理のみことば伝道協会の本部に来ています。

文鮮明の死亡と統一協会の混乱

2012年11月9日(金)

 統一協会の創始者である文鮮明が、9月3日に韓国の病院で死亡しました。92歳でした。彼の死亡によって、「地上天国」を実現できなかったということになり、その教えが嘘であったことが明らかになった訳ですが、協会側から恐らく、「信者の努力が足りなかったから使命を果たすことができなかった」というような説明がされるでしょう。勿論、この説明に納得できずに、脱会する人が続出するでしょう。しかし、熱心な信者は過激な行動に走る可能性もあります。また今後、注目されるのは、後継者争いです。当面は文鮮明の妻が前面に出て、四男の国進が企業を、七男の亨進が宗教を継ぐと見られていますが、それに対して三男の顕進は黙っていません。既に兄弟間で告訴合戦が始まっており、韓国ばかりでなく、アメリカ、ブラジルと広がりつつあります。

スペイン経済の救世主?

2012年11月9日(金)

スペインの教会の柱に描かれていた百二十年前のフレスコ画が一般信徒の手で修復されて、原画とは似ても似つかない状態になっているのが見つかり、地元で大騒ぎになっています。修復が行なわれたのは、スペイン北東部ボルハの教会にある一九世紀の画家エリアス・ガルシア・マルティネスの作品で、「この人を見よ」という絵です。茨の冠をかぶったキリストの肖像が描かれていました。修復を手掛けたのは教会員のセシリア・ヒメネスという八二歳の女性です。地元メディアの取材に対して、「司祭に頼まれたからやっただけだ」と話しています。作業は堂々とやっており、他の信者たちも見ていましたが、誰も止めようとしなかった、ということです。変わり果てたその姿に、地元に住むガルシアの孫のテレサ・ガルシアさんは、「作品が破壊されてしまった」とショックを受けています。作品を元通りにできる手段があるかどうか不明ですが、そのまま残して、観光客を引き付けるために使ったらどうか、という話も出ています。この間のテレビのニュースによると、既に、巡礼客が教会に殺到しているそうです。修復前の観光客数は十人、修復後は五千人です。教会への献金も増えています。ボルハの人口は五千人ですから、町の人口が倍になる訳で、市長さんもその経済効果に大きな期待を寄せています。もしかすると、苦しい状況にあるスペイン経済の救世主になるかも知れません。
普通に考えるなら、セシリアさんはとんでもないドジをやったということになります。取り返しのつかない失敗をしています。しかし、その大きな失敗が、教会と町の益に変えられているのです。
旧約聖書の創世記に、ヨセフという人物が登場します。彼はヤコブの十一番目の息子として誕生しましたが、兄弟たちを治める王となるという、神からの夢を与えられました。その夢の話を聞いた兄弟たちはヨセフを憎むようになり、奴隷としてエジプトに売り飛ばします。十三年間、エジプトで苦しんだヨセフですが、神の摂理によって、エジプトの総理大臣になります。その七年後に、全地が大飢饉に見舞われます。しかし、神の啓示によって災難を予知していたヨセフは、食物の蓄えをして、エジプトの国民だけでなく、カナンにいた父親、兄弟たち、またその子どもたちを救うことになるのです。ヨセフは兄弟たちに対して、こう述べています。
 「あなたがたは、私に悪を計りましたが、神はそれを、良いことのための計らいとなさいました。それはきょうのようにして、多くの人々を生かしておくためでした」(創世記五〇章二〇節)。
 聖書の中で何でも語られていることですが、神はすべてのことを働かせて、益としてくださることのできるお方です。例え、どんな失敗でも、神の計画の中で用いられることが可能になるのです。神は、私たちの傷ついた人生の絵を修復する名人です。あなたも、そのみわざを期待してください

マインド・コントロール問題対策DVD発売へ
 日本脱カルト協会より、『カルト:すぐそばにある危機』というDVDが制作され、発売されることになりました。若者はなぜカルトに惹かれるのか。どうして入信してしまうのか。そして、いったん、入ったらなかなか抜け出せないのはなぜなのか。ドラマ、シミュレーション、また実際の元カルト信者の体験談などから、カルト問題の謎を明らかにして行きます。定価は8,000円で高めですが、カルトの勧誘から学生を守るため、高校や大学などの現場で使えるDVDです。
ご注文は、ファックス046-263-0375、メール info@jscpr.org までお問い合わせください。

真理のみことば伝道協会主事
ウィリアム・ウッド
東京都東久留米市幸町
電話:090-8044-5751

「カルト宗教にだまされないために」ウィリアム・ウッド氏fromHarvest Time Ministries on Vimeo.