真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

 「エホバの証人情報提示版」に掲載されていた話によると、一人のエホバの証人が、不当に長老退任を強要されたとして、会衆の長老団を相手取り、パワハラ・名誉毀損などの損害賠償を求める裁判を起こしたそうです。日本で初めてのケースです。提訴理由は、「不当削除」だということです。訴えによると、原告は長老を辞めさせられる不法なことを何も行なっておらず、彼らのマニュアルや出版物にないような、長老団の身勝手なこじつけの理由により、強引に削除されました。しかも、審理委員会の中で、暴言を容赦なく浴びせられた、とのことです。諸般の事情で地域・個人・会衆名は明らかにされていませんが、この裁判は今後も、大きな反響を呼びそうです。

アメリカの中西部、特にオハイオ―州とペンシルバニア州にアーミッシュというクリスチャンのコミュニティがあります。ドイツ系移民の宗教団体ですが、移民当時の生活様式を保持し、農耕や牧畜によって自給自足の生活を営んでいます。昔の生活様式を守るために電気を使用せず、現代の一般的な通信機器も家庭にはありません。移動手段は馬車です。服装も極めて質素です。基本的に大家族主義であり、一つのコミュニティは深く互助的な関係で結ばれています。新しい家を建てる時には親戚・隣近所が集まって取り組みます。また、独自のコミュニティを築きながら、外部の人に対しても協力したり、農作物を分け与えたりしています。とにかく、平和を愛するとても優しい集団ですが、7年前に、ペンシルバニア州にあるアーミッシュのコミュニティで悲劇が起きました。拳銃を持った男がアーミッシュの学校に入って5人の児童を射殺し、その直後に自殺をしました。
アーミッシュの人々だけでなく、犯人の奥さんとその家族も筆舌に尽くしがたいほどの衝撃を受けました。それは、事前にその犯行の兆候が何一つ見られなかったからです。奥さんのマリー・モンヴィル氏は出版されたばかりの本(”One Light Still Shines”:『一つの光はなお輝いている』)の中で、当時の状況を詳細に記しています。彼女はまだ20代の方で、3人の小さい子どもがいましたが、まさか穏やかな性格を持った自分の夫がそのようなひどいことをするとは夢にも思わなかったそうです。ですから、警察からいきなり電話がかかって来た時に、ショックの余り、放心状態になりました。数時間後に、彼女の家に、子どもを殺された父親たち5人が、やって来ました。彼女はますます、パニックに陥りましたが、いきなり、アーミッシュの男性たちに言われました。
「私たちは、あなたのご主人を赦しました。あなたを助けるために、私たちに何か、できることはありませんか。」
その言葉でどんなに心が癒されたか分からないと、マリーさんは述べています。
本の中で、もう一つ、アーミッシュの人間常識を越えたエピソードが紹介されています。マリーさんは事件後、約1週間、親族にかくまわれて、また警察の協力を得て、マスコミの襲撃から守られましたが、夫の葬儀と埋葬式のために、どうしても外に出なければなりませんでした。自分と子どもたちの写真が全国の新聞や週刊誌に掲載されることを恐れながら、車に乗りました。埋葬式が行われることになっていた墓地に着くと、やはり、カメラを持って、多数の報道人が待ち構えていました。マリーさんは覚悟を決めて、子どもたちと一緒に車を降りようとしました。その瞬間です。突然、どこからともなく大勢のアーミッシュの人々が現われて、マリーさんの一族と報道人との間に壁を作ったのです。そのために、新聞等に写真が載ったのは、異常な行動を取ったアーミッシュの人々だけでしたが、実は、アーミッシュは宗教上の理由で、写真を撮られることを極端に嫌う人々です。彼らは、モーセの十戒に含まれる「あなたは、自分のために、偶像を造ってはならない。上の天にあるものでも、下の地にあるものでも、地の下の水の中にあるものでも、どんな形をも造ってはならない」という言葉を厳守するのですが、マリーさんの家族を守るために、自らの戒律を破った訳です。
私はこの話を読んで、深い感激を覚え、涙が出ました。アーミッシュこそ、キリストの愛を実践した人々だと、心底、思ったのですが、結果的には、学校で起きた惨事よりも、アーミッシュの事件後の不可解な行動が世界中のマスコミで大きく取り上げられることになったのです。そして、アーミッシュを通して、キリストの愛を知るようになった人々も多くいたことでしょう。
「私たちがまだ弱かったとき、キリストは定められた時に、不敬虔な者のために死んでくださいました。正しい人のためにでも死ぬ人はほとんどありません。情け深い人のためには、進んで死ぬ人があるいはいるでしょう。しかし私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます」(ローマ5章6―8節)。

出生率の低下という難問

2013年10月28日(月)

 先日、人口統計学に基づいた衝撃的なドキュメンタリー映画を見ました。それによると、一つの民族が存続するためには、あるいは一つの文化が維持されるためには、どうしてもある一定の出生率が必要だそうです。2・11という出生率です。出生率とは、一人の女性が一生のうちで産む子供の平均的人数を指しています。つまり、2・11人の子どもを生まなければ、その民族なり、文化は間違いなく衰退していく、ということです。
更に、歴史的に見て、1・9まで出生率が下がったグループが2・11の出生率を取り戻した例がありません。また、そのドキュメンタリーによると、1・3まで下がったなら、ほぼ絶望的な状況に陥るそうです。人口を回復させるためには80―100年かかるのですが、その間、グループを支えられるだけの経済体制は存在し得ないというのです。2007年の時点で、フランスの出生率は1・8、イギリスは1・6、ギリシヤは1・3、ドイツも1・3、イタリヤは1・2、スペインは1・1となっています。ヨーロッパの31の国の平均的出生率は1・38です。
この数字から判断すると、古代からのヨーロッパ文化は、これから衰退の一途をたどっていくことになります。しかし、人口が減っている訳ではありません。むしろ、増えています。それは、移民による増加です。おもに、イスラム教徒の移民です。フランスに住むイスラム教の女性の出生率は、8・1です。2027年までに、フランス人の5分の1はイスラム教徒になっているだろうと推測されています。そして、2047年までに、イスラム共和国に生まれ変わるというのです。既に、フランスの南部において、教会の数よりも、モスクの数の方が多くなっています。フランスという国がなくなることはないのですが、こうして、フランス古来の、キリスト教に基づいた文化が全く別のものに変わってしまうのです。このパターンは今後、ヨーロッパの各国において現われていきます。
また、日本も決して例外ではありません。厚生労働省の発表によると、2012年の時点で、日本の出生率は1・41です。このまま少子化問題が深刻化し、超高齢化が進むと、必然的に、労働者の数が足りなくなる。その穴を埋めるために、外国からの労働者を受け入れなければならない。言うまでもなく、彼らは、彼ら独自の言語、文化、宗教を持ち込む。ですから、20―30年のうちに、日本も大きく変わり、様々な難題を抱えるようになるはずですが、このことを考える時に、子孫を残すことの重要性を痛感させられます。また、創世記の聖句を思わずにはいられません。

 「神はこのように、人をご自身のかたちに創造された。神のかたちに彼を創造し、男と女とに彼らを創造された。神はまた、彼らを祝福し、このように神は彼らに仰せられた。『生めよ。ふえよ。地を満たせ。地を従えよ。海の魚、空の鳥、地をはうすべての生き物を支配せよ』」(1章27―28節)。

 この単純明快な命令には、神の計り知れない深い知恵があります。人類の繁栄と幸せのための命令です。しかし、多くの現代人は、聖書的な家族観はもう古い、時代遅れだと言って、「家族」の新しい定義を暗中模索していますが、その愚かな試みによって自分に重大な結果を招いていることに気づくのは、いつでしょうか。

 2002年5月にアメリカNBC放送局のドキュメンタリー番組『デートライン』の中で、ものみの塔聖書冊子協会における性的虐待の実態について証言したバーバラ―・アンダーソン氏。当時、現役エホバの証人として、またベテル本部の元奉仕者として暴露した事実は、多くの人々に衝撃を与えました。特に、ベテルにおいて信者の個人データーを扱う仕事の中で、児童に対して性的虐待をしている信者が2万人もいる事実を突き止めたという話は、大きな波紋を呼びました。被害者たちに、組織を法的に訴える勇気を与えたとも言われていますが、アンダーソン氏はこの度、『デートライン』に出演するようになった経緯や、その後のことについてまとめて、インターネットに掲載しました。その記事によると、アンダーソン氏は1954年(14歳の時)にエホバの証人となり、アメリカ各地で特別開拓者として伝道する中で、80人もの人々をものみの塔に導いています。その実績が評価されて、1982年から10年間、ブルックリンにあるベテル本部で奉仕をすることになりました。執筆部門で『エホバの証人 神の王国をふれ告げる人々』のための研究も任せられて、統治体のメンバーたちと直に接する機会も多くありましたが、組織内で起こっている児童への性的虐待の噂を最初に聞いたのは、1984年のことでした。その時、ごく限られた特殊なケースだと思っていましたが、翌年の1月22日号(日本語版は4月22日号)の『目ざめよ!』誌において、性的虐待の予防に関する記事が載りました。(ちなみに、当局者に通報するようにとの指示は一切ありません。)更に、1991年10月8日号の『目ざめよ!』誌にも、被害者のための具体的なアドバイスを含んだ記事が出ました。そのアドバイスの中に、「資格のある医師やカウンセラー、さらには精神衛生の専門家に助けを求めること」も入っていますが、この記事に対して数千件の電話や手紙による問い合わせが組織に殺到しました。当協会の歴史上、最も反響の大きい記事となりました。また、その記事を読んで、専門的な助けを求める信者も非常に多くなったということですが、不思議に思ったアンダーソン氏は、本部に報告されている加害者の正確な数を調べ始めて、最終的に2万人以上もいるということが分かったのです。そこで危機感を持つようになり、事態の改善のために本部内で指導的立場にある人たちに対して働きかけるようになります。しかし、その努力は実らず、やがて『デートライン』の番組に出ることを決意する訳ですが、ドキュメンタリーが放映される1週間前に、「審理委員会」が開かれて、でっちあげの罪を着せられ、排斥されます。それ以降、一人息子との交際を一方的に断たれています。孫にも会わせてもらえません。組織の元仲間から「イスカリオテのユダ」と呼ばれています。しかし、それにもかかわらず、アンダーソン氏の、被害者を助けてあげたいという強い思いは変わっていません。現在、元長老で「サイレント・ラムズ」という団体の創始者であるビル・ボーエン氏と共に被害者支援活動を続けています。

 9月11日、午後16時より、名古屋駅前のホテル・ウエスト(徒歩3分)において、「第6回現代宗教研究会」が開催されます。前半の部では、大谷俊浩師(真宗大谷派青少年センター次長)が、「青少年センターの歩みとカルト防止活動」について講演をします。後半は、大埜慈誠師(日蓮宗薬王寺住職)が「NPO法人全日本青少年育成協会の歩みとカルト防止活動」というテーマで講演をします。最後に、自由討議の時間を設けます。参加ご希望の方は、別府師までメール(beppu@gakushikai.jp)または電話(052-361-0893)で、お問い合わせください。

カルトの脱会者による自助グループ
元カルト信者の集い
 カルトの脱会者による自助グループ『いたんだ葦の会』が3月27日(月)午前10時半より、東京都東久留米市にあるカルト研究リハビリ・センターで開催されます。
今回は、特別ゲストとして、ジャン・ドウゲン師夫妻が参加されます。元カルト信者を励ますためのメッセージを語っていただく予定です。参加ご希望の方は、真理のみことば伝道協会の本部まで、お問い合わせ下さい(090-8044-5751)。

マインド・コントロール問題対策DVD発売へ
 日本脱カルト協会より、『カルト:すぐそばにある危機』というDVDが制作され、発売されることになりました。若者はなぜカルトに惹かれるのか。どうして入信してしまうのか。そして、いったん、入ったらなかなか抜け出せないのはなぜなのか。ドラマ、シミュレーション、また実際の元カルト信者の体験談などから、カルト問題の謎を明らかにして行きます。定価は8,000円で高めですが、カルトの勧誘から学生を守るため、高校や大学などの現場で使えるDVDです。
ご注文は、ファックス046-263-0375、メール info@jscpr.org までお問い合わせください。

真理のみことば伝道協会主事
ウィリアム・ウッド
東京都東久留米市幸町
電話:090-8044-5751

「カルト宗教にだまされないために」ウィリアム・ウッド氏fromHarvest Time Ministries on Vimeo.