真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

我が家の愛犬ルーシー

2012年2月16日(木)

 ルーシーが我が家に来たのは、今から8年前のことです。あるアメリカ人宣教師の家族に飼われていましたが、アメリカに帰らなければならない事情があって、「引き取ってくれないか」と頼まれました。ルーシーはビション・フリゼーという犬種で、羊のぬいぐるみのようで、性格的にもとても優しい女の子です(寂しがりやで、食いしん坊で、小心者でもありますが・・・)。早速、私たちの働きの大きな役割を担ってくれました。尻尾を振りながら、傷ついた心をもってカウンセリングに来た方々を歓迎したり、手をなめたりしました。そのことによって、皆さんは大きく慰められたようです。また、疲れた私たちにも、元気を与えてくれたのですが、年のせいか(8月で12歳になります)、最近、階段を転げ落ちて、すっかり体調を崩してしまいました。食欲もなくなり、散歩に連れて行こうとして抱き上げると「ヒ~」という痛そうな声を出します。また、私たちを避けるかのように、テーブルの下に隠れたりもします。明らかに様子がおかしいのですが、どうしてあげたら良いか、分かりません。獣医さんに相談しても、はっきりとしたことが分かりません。妻が何度も、私に言いました。

「言葉が通じたらなー。」

結局、獣医さんにいただいた痛み止めの薬を飲ませたら、大分、元気を取り戻しましたが、もう少し、ルーシーに活躍してもらわなければ困ると思っています。何とか、そのことを本犬(本人?)に伝えようとしていますが、どこまで私の言葉を理解しているのか、全く不明です。そこで、つくづく思うことですが、言葉によるコミュニケーションは、神が特別に人間に与えてくださった賜物で、神の形に造られた人間と動物との大きな違いがそこにあります。言葉を用いることによって、人間同士の意思の疎通もできるし、神との交わりも可能になります。また、残念なことに、言葉は場合によっては、強力な武器と化してしまうこともあります。

 「私たちは舌をもって、主であり父である方をほめたたえ、同じ舌をもって、神にかたどって造られた人をのろいます。賛美とのろいが同じ口から出て来るのです。私の兄弟たち。このようなことは、あってはなりません」(ヤコブ3章9_10節)。

 反省させられる聖句ですが、言葉の大切さを強調する聖書個所が他にもあります。

 「悪いことばを、いっさい口から出してはいけません。ただ、必要なとき、人の徳を養うのに役立つことばを話し、聞く人に恵みを与えなさい」(エペソ4章29節)。

 7年間、ルーシーからも同じことを学ばせられているような気がします。ルーシーは言葉が話せませんが、ボディー・ランゲッジによって終始一貫して、人々に愛情を現わそうとします。そういう意味では、私たち人間よりも、聖書に忠実に生きていると言えるかも知れません。いずれにしても、変わらない態度と言葉によって、神の愛を人々に伝えていきたいものです。。