真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

神の芸術品

2012年2月16日(木)

 1990年に「ハブル」というカメラを備えた人工衛星が宇宙に飛び出し、17年間、数多くの写真を地球に送り続けて来ました。先日、天文学者によってそのトップ・テンが選ばれましたが、一位になった写真は、「ソムブレーロ銀河系」の写真です(ソムブレーロとは、スペインやメキシコなどで用いられる広ぶちのフェルト帽)。この銀河系は地球から2800万光年、離れていますが、直系は五万光年で、何とその中に800億個もの太陽が入っているそうです。
 次に選ばれたのは、「アリ星雲」と呼ばれる星雲の写真です。地球と同じ銀河系にありますが、地球から約6000光年、離れています。
 第三位は、「エスキモー星雲」の写真です。毛皮のフードを着たエスキモー人に似ているということから、そのような名前が付けられましたが、実際には、滅亡しつつある惑星から散る彗星の様子を捕らえた写真です。
 これらの写真を見ていると、旧約聖書の詩篇19篇のみことばを思わずにはいられません。

 「天は神の栄光を語り告げ、大空は御手のわざを告げ知らせる」(1節)。

 確かに、宇宙を創造された神のみわざを見る時に、私たちは神の驚くべき力や知恵に感動を覚えます。「神は素晴らしい!」と、神をほめたたえずにはいられないのです。
 聖書は、この他にも、神の栄光を現すものがあると述べています。それは、私たち人間です。

 「わたしの名で呼ばれるすべての者は、わたしの栄光のために、わたしがこれを創造し、これを形造り、これを造った」(イザヤ書43章7節)。

 この「わたしの栄光のために」という言葉の中に、実に深い真理があります。人間は、神の愛や知恵や力を現すべき、神の作品です(エペソ書2章10節参照)。つまり、人間の存在そのものが、「神は素晴らしい!」という賛美を導き出すはずでした。

 しかし、神に背き、神から離れた人類は、本来、創造された目的を忘れ、自己中心的になり、空しい人生を歩むようになってしまいました。言うならば、モナ・リサという名画にカバーをかけてしまったという状態かも知れませんが、神のもとに立ち返り、「あなたの栄光のために用いてください。あなたにも、人にも仕える者にしてください」と祈るなら、神の作品として、再び、輝くようになります。