真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

2012年2月16日(木)

 一年の世相を表す年末恒例の「今年の漢字」に「命」が選ばれました。相次いだ子供のいじめによる自殺や秋篠宮ご夫妻の長男・悠仁さまの誕生、及び、飲酒運転による事故などが理由にあげられていました。確かに、命の尊さについて、また、命の意味について、もう一度、深く考える必要があると言えましょう。

 専門家たちは、今の若者はインターネットで簡単に死体の写真が見られたり、様々なゲームの中で人を殺したりするので、命の重さが分からなくなっているのではないか、と分析しています。そのために、いじめの問題以外にも、六年前から毎年、少年による家庭内殺害事件も起きているということです。

 しかし、もう一つ、見落としてはならない問題の原因があります。それは、教育の欠落です。つまり、子供たちは家庭においても、学校においても、「命とは何か」、「人生には何の意味があるか」、「人はどう生きるべきか」などについて、ほとんど教わっていません。そのために彼らは、線路から脱線して、暴走する列車のような状態です。はっきりとした信念・価値観・考え方がないので、自分自身の行動に歯止めをかけることができずに、好き勝手な生き方になってしまうのです。

 聖書は、人間の命は神からの贈り物であることを示しています。

 「その後、神である主は、土地のちりで人を形造り、その鼻にいのちの息を吹き込まれた。そこで、人は、生きものとなった」(創世記二章七節)。

 この聖句にあるように、私たち人間は生きているというよりも、神によって生かされている者です。そのことに気付いた時に、自分の存在価値が見えてきます。神によって造られた者であるなら、沢山の素晴らしいものを持っているはずです。神の作品ですから、自分自身を過小評価せずに、神のために、人のために、誇りをもって生きることができるのです。

 もう一つ、命という贈り物の尊さが分かると、人に対する見方も変わってきます。「私は神の前で貴重な存在だ」と認識する者は、「あなたも神の前で貴重な存在です」と言えるようになります。

 田原米子さんという女性がいました。数年前に心臓病で亡くなりましたが、高校三年生の時(一九五四年)に、母親の死がきっかけとなって鉄道自殺を図りました。奇跡的に生命を取り留めましたが、右腕の指三本を残して三肢を切断。死に切れなかったことへの悔しさの中で、虚脱状態が続きます。しかし、入院中に宣教師の訪問を受けて聖書のみことばにふれ、やがてキリストを信じる決心に至ります。更に二年後、牧師志望の青年、田原昭肥氏と結婚し、二女の母親となります。その後、四〇年間、重度の障害を克服して主婦と母の立場を貫くだけでなく、学校、市町村の社会福祉施設や各種の婦人団体などで、「生きるって素晴らしい!」という講演を何千回も行いました。本もビデオも出しましたが、その明るい笑顔と積極的なチャレンジ精神は、今も数多くの人々に深い感動を与えています。

 新しい年を迎えました。二〇〇七年、どのように神から与えられた命を用いますか。

 「わたしが来たのは、羊がいのちを得、またそれを豊かに持つためです。わたしは良い牧者です」(ヨハネ十章十一~十二節)。

 是非、神を見上げつつ、豊かな命に溢れた一年を送ってください。