真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

富の惑わし

2012年2月16日(木)

 ある中年の男性がテレビのインタビューに答えていました。彼は20年ほど前に、若い実業家として成功し、300億円もの財産を築き上げました。ところが、様々な判断ミスにより会社の経営が悪化し、最終的には無一文になってしまったのです。インタビューの途中で、彼が奥さんと一緒に暮らしている狭い1LDKのアパートの様子が映されました。「実は、今の質素な生活のほうが好きです。300億円を持っていた時よりも、幸せだと思います」と、男性は淡々と語りました。そして、最後に、テレビの記者に向かって、質問しました。

 「300億円のお金を持っていた時に、何を考えていたと思いますか。どのように、この300億円を500億円にできるか、ということですよ。」

 どうやら、人間には飽きることのない金銭欲があるようです。最近、世間を騒がせている耐震強度疑惑や、ライブドア社の株問題も、人間の金銭欲にその根本的な原因があると言えそうです。

 聖書の有名な言葉に、「金銭を愛することが、あらゆる悪の根である」というものがあります(テモテへの第一の手紙6章10節)。また、イエス・キリストも、「富の惑わし」について警告しておられますが(マタイの福音書13章22節)、確かに、私たち人間は富によって惑わされることがよくあります。

 「お金さえあれば、何でもできる。」
 「もう少し、貯金額が殖えると、安心だ。」
 「給料が上がれば、きっと幸せになれる。」

 人はこう考えて、富を手に入れるために全盛力を傾ける訳ですが、実は、富によって惑わされています。富は決して万能ではないし、心の平安や幸せを保証してくれるものでもありません。むしろ、人間の心を堕落させるものなのです。

 ある牧師が、刑務所の付属病院から、緊急の呼び出しを受けました。強盗罪で拘禁されていた男が危篤状態でしたが、死ぬ前に、どうしても牧師に祈ってほしい、というのです。牧師は病室で聖書の話をして、最後に、男のために祈りを捧げました。ところが、目を開けると、男はもう既に、息を引き取っていました。しかも、彼の右手は、牧師のポケットに入っていた金貨をしっかり、握り締めていたのです。

 強盗でなくても、人間のお金を愛する心、富にすがりつく心は、そう簡単には直るものではありません。これは実に、根深い問題であり、罪です。

 拝金主義的になっている私たちに対して、主イエスはこう語っておられます。

 「自分の宝を地上にたくわえるのはやめなさい。そこでは虫とさびで、きず物になり、また盗人が穴をあけて盗みます。自分の宝は、天にたくわえなさい。そこでは、虫もさびもつかず、盗人が穴をあけて盗むこともありません。あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです」(マタイによる福音書6章19-21節)。

 ここで、キリストは天に宝を貯える生き方を教えておられますが、それはまず、自分の財産が神からの恵みであり、自分がその管理を任せられていることを認識することです。次に、神の栄光と人の益のために、その財産を用いることです。言い換えるなら、それは溜め込む人生ではなく、人に分け与える人生です。これこそ、神が計画してくださった、豊かな人生です。