真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

死なない薬

2012年2月16日(木)

 一昔前のことですが、仙台駅の近くに、『死なない薬』という看板を出している薬局がありました。この珍しい看板に引かれて、人が店内に入って行くのですが、最初に目にするのは、『腹の減らない薬』という張り紙でした。その下に置かれているものは、何と、一束の稲でした。少し進むと、今度は、二番目の張り紙です。『賢くなる薬』。その下には分厚い数冊の書物が置かれてあります。いよいよ店の奥までやって来ると、問題の『死なない薬』の張り紙が目にとまります。その下に置いてあったものは、開かれた一冊の大きな聖書だったのです。

 言うまでもなく、この薬局の経営者は、敬虔なクリスチャンで、ただ客を呼ぶために、『死なない薬』という看板を出していた訳ではありません。この看板は、彼の信仰の証しだったのです。  「わが子よ。私のことばをよく聞け。私の言うことに耳を傾けよ。それをあなたの目から離さず、あなたの心のうちに保て。見いだす者には、それはいのちとなり、その全身を健やかにする」(箴言4章20-22節)。

 聖書は確かに、私たちを健やかにする薬であり、私たちに命を与えてくれる書物です。では、この薬は、どんな症状に効くのでしょうか。孤独、虚無感、良心の呵責、精神的な傷、将来への不安、死に対する恐怖などです。聖書は、これらの問題解決の素晴らしい処方箋となります。

 勿論、正しい用法も大事です。まず、自分のために書かれた書物だと信じて読むこと。造り主なる神からのラブレターだと考えても良いでしょう。次に、真理を求める気持ちで読むこと。先入観や偏見を捨てて、子供のような素直な心を持つことが大切です。三番目に、毎日、必ず読むこと。食前でも、食後でも、構いません。四番目に、教えられたことを、日常生活の中で実行してみること。この用法に従って、聖書を服用する者は、間違いなく、症状の改善が見られます。

 日本人ほど、薬好きな民族はないと言われます。論より証拠、日本中どこに行っても、薬屋さんは大はやりです。こうして、薬の世話になることが多い日本人は、『聖書』という薬を一度、試してみるべきだと言えましょう。しかし、『死なない薬』として、聖書を宣伝するのは、やり過ぎでしょうか。いいえ、そうではありません。イエス・キリストがこう言われるからです。

 「まことに、まことに、あなたがたに告げます。わたしのことばを聞いて、わたしを遣わした方を信じる者は、永遠のいのちを持ち、さばきに会うことがなく、死からいのちに移っているのです」(ヨハネ5章24節)。

 イエス・キリストのみことばは、私たちに永遠の命を約束しています。キリストを信じる者は、たとえ、肉体が死んでも、霊が天国に行きます。また、やがてキリストの再臨の時に、体が復活してくるのです。

 「イエスは言われた。『わたしは、よみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きるのです』」(ヨハネ11章25節)。  『死なない薬』の服用を、心からお勧めします。