真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

 最近、データー・オーバーロード(情報洪水)で苦しんでいる人々が急増中です。毎日、消化することも整理することもできないほどの、膨大な情報の量 に圧倒されて、頭を抱えています。情報洪水によって、ストレスがたまり、眼疲労が生じ、思考力・決断力が鈍くなり、集中力も低下します。精神科医は、この状態に、「情報疲労症候群」という病名を付け始めています。更に、人々の健康にも重大な影響が出ています。コンピューターやテレビの前に座っている時間が長くなればなるほど、運動する時間が減ります。また、頭が様々な情報で一杯になっているために、不眠症になることもあります。

 専門家の話によると、現代の一日の新聞に載っている情報の量は、17世紀の人間が一生の間に獲得した情報の量 に匹敵するそうですが、「情報疲労症候群」に対して、どんな有効な対策があるのでしょうか。まず、自ら情報の量 を調節することです。流れてくる情報のほとんどは、私たちが生きていくために絶対に欠かせないものではありません。ですから、情報を大幅にカットしても、何の心配もない訳です。一日の間、一時間でも二時間でも、テレビやラジオ等の電源を切ってはどうでしょうか。

 次に、一日のうちに、一度、静かに考える時を持つことです。人間の頭脳は、情報を消化するために時間が必要です。外からの声をシャットアウトして、たまにはぼおっとしていても良いでしょう。

 第三番目に、物事を簡素化することです。すべての情報を完璧に知る必要はありません。大まかなポイントをつかんでいれば、それで事が済むという問題がほとんどなのではないでしょうか。

 最後に、自分にとって何が一番、重要なのかを正しく判断することです。多くの現代人は、不必要な情報に振り回されていますが、具体的な価値観・人生の優先順位 を持てば、無駄なエネルギーを費やさずにすむはずです。

 「さて、彼らが旅を続けているうち、イエスがある村にはいられると、マルタという女が喜んで家にお迎えした。彼女にマリヤという妹がいたが、主の足もとにすわって、みことばに聞き入っていた。ところが、マルタは、いろいろともてなしのために気が落ち着かず、みもとに来て言った。『主よ。妹が私だけにおもてなしをさせているのを、何ともお思いにならないのでしょうか。私の手伝いをするように、妹におっしゃってください。』主は答えて言われた。『マルタ、マルタ。あなたは、いろいろなことを心配して、気を使っています。しかし、どうしても必要なことはわずかです。いや、一つだけです。マリヤはその良いほうを選んだのです。彼女からそれを取り上げてはいけません』」(ルカによる福音書10章38-42節)。

 あなたにとって、「どうしても必要なこと」は何ですか。