真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

何でだろう

2012年2月16日(木)

 最近、TETSU AND TOMOという漫才コンビが歌う「なんでだろう」という曲が大ブームとなっています。その歌に共感できる人が多いからでしょうか。確かに、人生の中で、「なんでだろう」と聞きたくなることがよく起きるものです。

 今年の1月に、ある知り合いの宣教師Hさんの引っ越しの手伝いをしました。とても信仰深いご夫婦ですが、朝から晩まで、トラブル続きでした。まず、交通 事故が起きました。Hさんは、日本レンタカーから、一番大きなトラックを借りましたが、レンタカーの事務所から家に帰る途中、角を曲がろうとした時、路上に停めてあった車を派手に擦ってしまいました。しかも、それがスポーツカーで、ロードスターという、とても高価な外車です。

 その直後、手伝いに来るはずの二人の宣教師が、都合で来られなくなってしまった、という連絡が入りました。しかも、パキスタンからHさんの家に遊びに来ていた男性が、引っ越しの日になって、急に体調を崩し、一日中、寝ていなければなりませんでした。

 次に、荷物をトラックに乗せている最中に、雨交じりの雪が降り始めました。何とか、荷物をトラックに積んで、新しい家に持って行こうとしましたが、トラックが大き過ぎて、角が曲がれません。結局、家から50メートルほど離れた場所にトラックを停めて、そこから雨の中を、荷物を運ばなければなりませんでした。夕方までかかりましたが、やっとの思いで、一回目の荷物を無事に運び終えて、もう一度、古い家に戻って、残っていたタンスなどをトラックに乗せました。私はトラックの中で、荷物を受け取って、その配置を決める仕事をしていましたが、突然、「きゃー」という叫び声と、「ガシャン」という、ガラスの割れる音が聞こえて来ました。二階からタンスを降ろす時に、誰かが玄関にあった電気傘を壊してしまったらしいのです。

 最後に、Hさんの家族のパスポートなど、大切な書類が入っている、人の背丈ほどのファイリング・キャビネットをトラックに乗せました。土砂降りの雨になっていましたが、いつもの50メートル離れている所にトラックを停めて、後ろのドアを開けました。すると、山の土砂崩れのごとく、Hスさんのファイリング・キャビネットとその引き出しが全部、倒れて来て、中の書類がパラパラと、濡れた地面 に散らばって行ったのです。この他にも、幾つものトラブルが次から次から、発生しましたが、Hさんたちは、「なんでこういうことになるんだろう」とつぶやきながらも、決して、落ち込むことはなかったのです。笑顔を絶やさなかったのです。なんと素晴らしい信仰だろうと思いました。何が起こっても、すべてが神の御手の中にあって、神の目的がある、という信仰なのです。

 「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています」(ローマ八章二八節)。

 あなたも、「なんでだろう」と、日常生活の中で起こる出来事について悩んでいませんか。つぶやいてばかりいても、何も始まりません。神の目的があると信じて、神にゆだねてみませんか。きっと、心が平安になります。積極的に問題に立ち向かう勇気もわいてくるはずです。