真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

さばくなかれ

2012年2月16日(木)

 スティーヴン・コーヴィーという著名な作家はある日曜日の朝、ニューヨークの地下鉄に乗っていました。すいている電車内は、静寂そのものでした。ところが、ある駅に到着すると、一人の中年の男性と、数人の子供が乗り込み、車内の雰囲気が一変しました。子供は大きな声で叫んだり、物を投げたり、走り回ったりしました。しかし、スティーヴン・コーヴィー氏の隣に座った父親は、目をつぶったまま、何も言いませんでした。コーヴィー氏を始め、電車に乗っている人々は皆、子供に対しても、その行儀の悪さを容認する父親に対しても、いらいらが募るばかりです。とうとう、堪り兼ねたコーヴィー氏は、父親に言いました。

 「お宅の子供たちはみんなに迷惑をかけていますよ。もう少し、おとなしくするように、叱ってもらえませんか。」

  すると、隣に座っていた父親は、重い口を開きました。

 「おっしゃるとおりです。何とかしなければならないと、私も思っていますが、どうしたら良いか分かりません。たった一時間前に、私の妻、あの子たちの母親が病院で死んでしまいました。私もどうしたら良いか分からないし、子供たちも同じでしょう。」

 一瞬にして、コーヴィー氏の父親に対する考え方が変わりました。そこで、父親を批判することをやめ、むしろ彼に同情し、彼を慰めようとしたということです。

 イエス・キリストは、マタイの福音書7章で、こう言われました。

 「さばいてはいけません。さばかれないためです。あなたがたがさばくとおりに、あなたがたもさばかれ、あなたがたが量 るとおりに、あなたがたも量られるからです。また、なぜあなたは、兄弟の目の中のちりに目をつけるが、自分の目の中の梁には気がつかないのですか」(1-3節)。

 私たちは、他人のあら捜しをして批判することが、何と多い者でしょうか。周囲の人間の一つ一つの行動や言葉が気になって、つい「正してあげなければならない」という高慢な思いに陥ってしまいます。しかし、相手の置かれている状況が少しでも分かれば、そのさばく気持ちが同情心に変わるのです。だからこそ、キリストは別 の箇所で、罪を犯したと思われる人と話し合って、すべての事実を確認するように、私たちに戒めておられます(マタイ18・15-17)。

 確かに、愛の心から、相手の状態に悲しみを覚えて、重荷を感じることは尊いことであり、また、必要なことだと言えましょう。「あらかさまに責めるのは、ひそかに愛するのにまさる」という聖書箇所もあります(箴言27・5)。しかし、その場合、私たちはよくよく注意しなければなりません。つまり、すべての事実を確認したうえで、真の愛に基づき、また祈りの心をもって批判する、ということです。切り捨てるのではなく、助け上げるために、壊すためでなく、建て上げるために語るのです。

 罪人の傾向として、私たちは自分のことは棚に上げて、都合の悪い人を責めやすい性質を持っています。自分には甘く、他人には厳しいのです。しかし、真理や状況の一方だけを見て、まるでそれがすべてであるかのように強調する極端は、余りにも幼すぎます。そのような量 り方をする人は、やはりそのように量られてしまうものです。