真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

戦争を阻止できる絵本

2012年2月16日(木)

 『あらしのよるに』(木村裕一著、講談社)という絵本をご存じでしょうか。十年ほど前から爆発的な人気を呼び、既に多くの賞を受賞している児童書ですが、世界中の子供に読まれたら、戦争の数が激減するのではないかと思えてなりません。

 あるヤギが嵐に遭って、誰も住んでいない小屋に避難します。嵐が止むのを待っていると、誰かが小屋の中に入って来ます。それが実は、ヤギの天敵である狼なのですが、暗くて、お互いの顔が見えません。おまけに、どちらも風邪をひいていて、匂いが分かりません。ヤギは、相手もヤギだと思って、声をかけます。

 「すごい嵐ですね。でも、あなたが来てくれて、ほっとしましたよ。」

 狼のほうも、相手がヤギだとは気付かない。狼の声を聞いて、ヤギは思わず、「狼みたいなすごみのある、低い声ですね」と言いかけたが、失礼だと思い、口を閉じる。狼のほうも、「まるでヤギみたいな甲高い声だなー」と言おうとしたが、そんなことを言ったら相手が気を悪くすると思い、止めることにする。

 とにかく、色々と会話をしているうちに親しくなります。お互いに幾つもの共通 点があることに気付きます。「わたしたちは、本当によく似ていますね」とヤギが言うと、狼が、「真っ暗でお互いの顔も見えないけれども、実は顔まで似てたりして」という台詞もあります。その時、すぐ近くで、稲妻が光り、小屋の中が昼間のように映し出されましたが、ヤギが下を向いていたし、狼もまぶしくて目をつぶっていたので、お互いの顔を見ていません。次の瞬間、大きな雷の音が、小屋中を震わせます。思わず、二匹はしっかりと体を寄せ合ってしまうのです。しかし、それでも分かりません。やがて嵐が止み、それぞれ自分の家に帰るのですが、その前に、次の日に会う約束をします。「でも、お互いの顔が分からないから、どうしよう」という話になるのですが、そこで念のために、会った時に「嵐の夜に友達になったものです」という合言葉を使おうということになるのです。とても考えさせられる話です。

 私たち人間は、よく知りもしないのに、他の国の人々に対して偏見を持ったり、毛嫌いしたり、必要以上に警戒したりするのではないでしょうか。しかし、何の偏見もなく、付き合ってみると、自分と差ほど違わない、とても良い人だということに気付くのではないかと思うのです。

 「もし、ほんとうにあなたがたが、聖書に従って、『あなたの隣人を自分と同じように愛せよ』という最高の律法を守るなら、あなたがたの行ないはりっぱです。しかし、もし人をえこひいきするなら、あなたがたは罪を犯しており、律法によって違反者として責められます」(ヤコブ2章8-9節)。

 世界情勢は日ごとに、緊張感を増しています。いつ戦争が勃発してもおかしくない状況ですが、実際に戦争になった場合、数百万人もの犠牲者が出ると予測されます。今こそ、「あなたの隣人を自分と同じように愛せよ」という戒めを真剣に受け止めて、実践すべき時です。あなたの周りにも、愛すべき人はいないでしょうか。