真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

神が人間となられた日

2012年2月16日(木)

 昔、ペルシアを治めていた、シャーアビスという王の話です。シャーアビスは、国民をよりよく理解するために、時々、変装して、一般 の人の間に紛れ込み、皆と交わりを持つことにしていました。ある時、一人の貧しい男の人を見付けて、彼のそばに座りました。色々な話をしたり、また、男の人の粗末な弁当を分けてもらって、一緒に食べたりもしました。その後、シャーアビスは定期的にその男の人を訪ねるようになり、とても親しくなったのですが、しばらくしてから、自分が何者であるかを、男に明かしました。王だということが分かれば、きっと何かの願い事を申し立ててくるに違いないと思って、シャーアビスはじっと男の人の反応を見ていました。しかし、呆気にとられた男は、ものが言えなくて、しばらく黙ったままでした。やっと、口が聞けるようになると、彼はこう言ったのです。

 「貴方様は、私のために宮殿を離れて、御位をお捨てになりました。私の粗末な食事を共にされ、私の苦しみや喜びを分ち合ってくださいました。貴方様は、他の人には富や地位 などをお与えになるかも知れませんが、私にはもっともっと価値のある贈り物、つまり、あなた御自身を与えてくださったのです。願わくは、ずっと私の友達でいてくださいますように。」

 クリスマスの日に、私たちは、主の主・王の王なるイエス・キリストが、天の御位 を捨てて、人間として生まれてくださったことを覚えます。天地万物の造り主、神ご自身が人間の姿を取られ、私たちの世を訪れてくださったことをお祝いするのですが、このクリスマスの驚くべき出来事によって、私たちは本当の意味で神の姿を見、また、神を知ることができるようになりました。しかし、そればかりではありません。神との親密な交わりに入ることが可能になったのです。ちょうど、貧しい男がシャーアビスと親しい友達になったように、私たちも神との親密な関係が持てるのです。

 「初めに、ことば(注:キリスト)があった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。・・・・・・この方はご自分のくにに来られたのに、ご自分の民は受け入れなかった。しかし、この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。・・・・・・ことばは人となって、私たちの間に住まわれた。私たちはこの方の栄光を見た。父のみもとから来られたひとり子としての栄光である。この方は恵みとまことに満ちておられた」(ヨハネによる福音書1章1、11-12、14節)。 これがクリスマスの素晴らしいメッセージです。神はもはや、私たちから遠く離れたような、知り得ないような存在ではありません。主は自ら私たちの世を訪れてご自身を現してくださり、そして今も、信じる者と共に住んでいてくださいます。私たちの話を聞いてくださり、またいつでも、私たちに豊かな恵みを与えてくださるのです。

 メリー・クリスマス!