真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

こいつは大物だ

2012年2月16日(木)

 ローマ法王がニューヨークで国連の事務総長との約束に遅れそうになっていました。そこで、リムジーンの運転手に、優しく声をかけました。
「悪いけどね、もうちょっとスピードを出してくれないか。」 
ところが、運転手は答えました。
「いや、申し訳ございませんが、もう一回スピード違反で捕まったら、免許が取り消しになります。妻も、3人の子供もいますから、職を失うと、本当に困ります。ご理解ください。」

 すると、車を停めるように言ってから、ローマ法王は車を降りて、運転主席のドアを叩きました。「どうされましたか」と聞くと、「あとは、私が運転するからどいてください。」と言うのです。驚いた運転手は、ハンドルをローマ法王に譲り、後ろの座席に移動しました。ローマ法王は猛スピードでニューヨークの町を走り抜けました。しかし、余りにも乱暴な運転だったので、パトカーに止められました。警官は、仲間に言いました。
 「何様だと思っているか知らないが、絶対に許さん。交通ルールを守らないやつがどうなるか、思い知らせてやる。」

 しかし、1分もしないうちに、警官は動揺した顔をして、仲間のところに戻ってしまいました。
 「どうした。チケットを渡さなかったか。」
 「いやー。こいつは大物だ。超大物だ。」
 「一体、誰だ。ニューヨーク市長か。」
 「いや、もっと大物だ。」
 「じゃー。ニューヨーク州の知事か。」
 「いやー、もっと大きい。」
 「まさか、大統領か。」
 「いやー、もっと大きい。」
 「えー、大統領よりも大きい人と言ったら、誰がいるの。」
 「いや、誰が乗っているかはよく見なかったけど、何しろ、ローマ法王が運転手を務めているんだから。」

 しかし、後ろに乗っていた運転手は、どんな気持ちで、ローマ法王と警官との会話を聞いていたのでしょうか。ローマ法王に対する申し訳ない気持ちと、感謝の思いで心が一杯だったのでしょう。

 クリスチャンも、神の恵みを経験する時に、同じような気持ちになることがあります。ダビデ王は、詩篇の中で、次のように歌っています。
 「あなたの指のわざである天を見、あなたが整えられた月や星を見ますのに、人とは、何者なのでしょう。あなたがこれを心に留められるとは。人の子とは、何者なのでしょう。あなたがこれを顧みられるとは」(8章3~4節)。

 造り主なる神は、ただご自分の愛と哀れみのゆえに、人間を覚えてくださり、その祈りに耳を傾けてくださいます。一羽の雀でさえ、神の前で忘れられることはありません(マタイ10・29~31)。あなたも、神に愛されています。その力強い御手の中で、守られています。あなたの人生のハンドルを神に譲り、肩の荷を下ろしませんか。周りの人々も、わっと驚く人生になるでしょう。