真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

中年女性の危機

2012年2月16日(木)

 数カ月前のことですが、テレビのニュースを見ていたら、平均年齢60歳という女性たちによって構成されたチアー・ガールのグループが紹介されていました。みんな、ミニスカートを履いて、踊ったり、大きな声で地元のフットボールのチームを応援したりしていましたが、「六〇代の女性にも色々な生き方があるんだなー」と思いました。彼女たちは、恐らく、チアー・ガールとしての活躍の中で、生き甲斐を感じていたのでしょう。

 「私は何のために生きているのだろう。」

 これは、多くの中年女性が悩むことだと思われます。20代から40代にかけて、子育てなどで忙しくて、さほど深刻に考えることはないかも知れませんが、子供が大きくなって、巣立って行くと、何か別 の生き甲斐が必要になります。

 また、もう一つ、中年の女性の悩みの種になる問題があります。つまり、年を取って、以前の外面 的な美しさが薄れて来るので、自分で自分がいやになってしまう、自分に対して不健全なイメージを持ってしまうということです。しかし、女性はどのように、この「中年の危機」と呼ばれている問題を乗り越えることができるのでしょうか。聖書の中に、一つの大切なヒントがあります。

 「同じように女も、つつましい身なりで、控えめに慎み深く身を飾り、はでな髪の形とか、金や真珠や高価な衣服によってではなく、むしろ、神を敬うと言っている女にふさわしく、良い行ないを自分の飾りとしなさい」( テモテ二章九~十節)。

 ここで、神が女性のために計画してくださった人生が要約されています。それはつまり、良い行いに富んだ人生です。自分に与えられた才能・賜物・財産を、人のために、神のために用いることです。どんな小さな奉仕でも、かまいません。

 カルカッタの聖女と呼ばれていたマザー・テレサは、かつてこんな言葉を語りました。 「小さな仕事は、誰もやりたがらないという理由で、それを避けてはなりません。事実、小さすぎる仕事というものはないのです。私たち自身が小さいために、それらの仕事を小さく見てしまうのです。偉大な神は、それらの仕事の価値をご存じです。目の見えない人のために代筆をすること、苦しんでいる人の相談相手になること、手紙を郵便ポストに入れてあげること、これらの仕事は、小さな仕事に見えます。しかし、そのようなへりくだった場に、私たちは自分を置くべきです。大きなことをする人はたくさんいますが、小さなことをする人は少ないからです。私たちのする小さなことが、それを受ける人々に重大なメッセージを伝えてくれるのです。私たちが彼らを愛していることと、必要な時には、私たちはいつでもそばにいるということを。」

 このような生き方に挑戦する女性は、どんなに年を取っても、充実した毎日を送ることができます。また、外面 的な美しさが薄れても、魅力的な女性でいられるのです。