真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

 「ミス青森」に選ばれた女性の話です。この女性は、青森県の女性の中で、最も美しい女性として、公に認められた訳ですから、自分の勤める会社や周りの人々から、脚光を浴びていました。

 ところが、そんなある日、同じ会社の女性が、彼女ばかりが注目の的になるのに嫉妬して、硫酸を手に入れ、彼女の顔にかけてしまったのです。言うまでもなく、美しい「ミス青森」が、火傷のために、とても醜い顔に変わりました。彼女はすっかり生きる気力を失い、自殺を考え、電車に飛び込むため、線路に行きました。ところが、自殺をしようとしたその時に、彼女はふと、幼い頃、教会の日曜学校に行った時のことを思い出しました。自殺はいつでもできると気を取り直して、教会を訪ね、牧師から福音を聞きました。先生の話を聞いているうちに、彼女は人生に対する価値観が変わり、神を求め始めたのです。彼女は、外面 を美しく装うことで、自分の存在価値を人に認めさせようとして、努力してきましたが、心の中は汚れていることに気付いたのです。彼女は、イエス・キリストが十字架にかけられている時の姿と、自分の姿とを比較してみたのです。キリストは十字架の上で血を流されました。あまりにも醜い姿でした。しかし、あの十字架の醜さは、私たちの心の罪の醜さを美しくするための身代わりだったのです。彼女は、外側の醜さよりも、心の醜さのほうが問題だということに気付いたのです。神の前に自分の醜い罪を告白し、イエス様を信じました。

 そんなある日のことでした。彼女は偶然、町で硫酸をかけた女性に出会ったのです。その女性は逃げる訳にもいきません。罵声を浴びせられても仕方がない、と覚悟したのでしょう。黙って下を向いてしまいました。ところが何と、その女性の思いとは違って、ミス青森は、女性の両手を取り、笑顔で「ありがとう」と言ったのです。

 「えっ、なんですって?」

 女性は驚いて、一瞬、自分の耳を疑ってしまいました。ミス青森は説明しました。

 「あなたが、私の顔をめちゃめちゃにしなかったら、私はいつまでも、外側の美しさだけを誇りながら、生きようとしていたことでしょう。顔は醜くなりました。でも、心の中は、雪よりも白くされたのです。だから、『ありがとう』、と言ったのです。」

 女性は思ってもいなかった彼女の言葉にびっくりして、彼女に心から謝りました。そして、彼女の優しい言葉によって、罪責感から解放されて、平安を得ることができたのです。

 私たちも、自分の存在価値を人に認めさせるために、外見を美しく飾ろうとしたり、大きな財産を築こうとしたり、職場や学校で立派な実績を作ろうとしたりしていませんか。しかし、神の前で最も大切なのは、私たちの心です。

 「あなたがたは、髪を編んだり、金の飾りをつけたり、着物を着飾るような外面 的なものでなく、むしろ、柔和で穏やかな霊という朽ちることのないものを持つ、心の中の隠れた人がらを飾りにしなさい。これこそ、神の御前に価値あるものです」(第一ペテロ三章三~四節)。

 あなたの心は、どんな状態でしょうか。