真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

ドナルド・トランプ旋風

2016年5月2日(月)

 御承知のように、今、アメリカのドナルド・トランプ氏が一大旋風を巻き起こしています。その物議を醸す過激な発言に共鳴する人もいれば、危機感を抱く人もいます。過激な発言として、例えば、このようなものがあります。
「日本に核兵器の保有権を認めて、北朝鮮が暴走した時に、やっつけてもらおう。」
「これ以上、メキシコからの不法移民を許す訳には行かないから、アメリカとメキシコとの間に巨大な壁を作って、その請求書をメキシコに送りつけようではないか。」
「人工中絶をした女性に罰金を課そう。」
大統領選共和党候補指名権を獲得することがほぼ確実と見られているトランプ氏ですが、実際に大統領に選ばれたとしたら、大変なことになると、多くの人々は危惧しています。トランプ大統領が誕生してしまった時には、アメリカを脱出すると言っている人もかなりいると聞いています。それは少々、行き過ぎた反動だと思いますが、人類の過去100年の歴史を振り返ってみても、恐ろしい独裁者が多く出没しています。ヒットラー、スターリン、毛沢東などなどです。彼らの身勝手な行動により、何千万人もの人々が尊い命を落としました。21世紀に入っても、歪んだ世界観に基づいて、暴走している、あるいは暴走しそうな独裁者が次々に現れています。今の世界情勢に不安を覚えていない人はいないでしょう。
しかし、世界情勢がどんなに悪化したとしても、平安でいられる聖書的根拠があります。それは、神の主権です。神が歴史を支配されるお方として、世界の上に君臨しておられて、ご自分の愛と正義に根差した計画の実現のために、すべてを導いておられるということです。
「主は国々のはかりごとを無効にし、国々の民の計画をむなしくされる。主のはかりごとはとこしえに立ち、御心の計画は代々に至る」(詩篇33篇10―11節)。
この聖句は、神の主権をはっきりと示しています。聖書の神は、ただ天から世界情勢を傍観しておられる方ではありません。人類の歴史に介入してくださり、腹黒い政治家を取り除いたり、悪政に終止符を打たせたり、計画を阻止したり、独裁者を罰したりしてくださいます。
人類が列車に乗っていると想像すれば、分かりやすいかも知れません。列車に乗っている人々は、ある程度までの行動の自由が与えられます。国の権力者たちは運転室に入って、ハンドルを握り、自分たちの好きなペースで好きな所に行けると錯覚しますが、ある所まで進むと、神が「はい、そこまで」と言って、遠隔操縦に切り替えて、列車の進む方向を変えてしまわれます。こうして、ご自分の望まれる通りの所に人類を導かれるのです。
「王の心は主の手の中にあって、水の流れのようだ。みこころのままに向きを変えられる」(箴言21章1節)。
列車に乗っている私たちは、別の線路に入ったことに気付かないかも知れません。気付いたとしても、その理由が分からないかも知れません。しかし、そうだとしても、この列車の本当の運転手は、正義と公正を愛される神だと信じているなら、安心して乗っていられる訳です。車窓から外の景色を見て、「何か、辺ぴな所を通過しているなー。どうしたのだろう」と思うことがあっても、必ず、神のみこころにかなった目的地に着くと確信して、平安でいられるのです。
この世界は、ドナルド・トランプ、あるいはキム・ジョンウンの支配下にあるのではありません。この世界を造られた方の支配下にあります。そのことを覚えて、アメリカの大統領選の行方を見守っていきたいと思います。