真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

イザベラ・バードの話

2015年4月27日(月)

 イザベラ・バードという名前を聞いたことがあるでしょうか。イザベラ・バードは19世紀の女性旅行家、また紀行作家として、世界中の人々に驚きと感動を与えた人物です。明治時代に東北地方や北海道、関西地方を旅行し、その旅行記”Unbeaten Tracks in Japan”(日本語題『日本奥地紀行』)を書きましたが、当時、女性が一人で外国を旅するということは、非常識極まりない話とされていました。しかし、好奇心旺盛なイザベラ・バードは、何のためらいもなく、外国人が足を踏み入れたことのない、未知の世界へと突進して行ったのです。
 日本における冒険は、1878年6月に始まりました。最初に横浜に立ち寄った彼女は、早速、東京を起点に日光から新潟に抜け、日本海側から北海道に至る旅を計画します。通訳兼従者として伊藤鶴吉という青年を雇って、日本在住の外交官や宣教師の反対を振り切り、出発しますが、『日本奥地紀行』の冒頭に「私の全行程を踏破した欧米人はこれまでに一人もいなかった」と記し、また「西洋人のよく出かける所は、日光を例外として詳しくは述べなかった」と記して、その旅に対する意気込み、また意味を説明しています。更に、出発前に、片言の日本語を覚えると共に、日本人の礼儀作法を学び、旅先で失礼のないようにしようと、心に堅く誓ったのです。
 予想通り、どこへ行っても注目され、珍しがられ、サインを求められ、寝ている間も旅館の部屋の障子の穴に絶えず、人間の目がありました。また、ある宿屋での出来事ですが、せき込むご主人の子供に咳止めの薬を飲ませてあげたところ、見事に治ってしまったので、次の朝、村中の病人が群がって来て、「私たちの病気も治してください」と、せがまれました。通訳者を通して、自分は医者ではないし、持っている薬の種類もごく限られていることを説明し、何とか人々を納得させましたが、日本人との様々な出会いの中で、日本人に対して、良い印象を持ったようです。『日本奥地紀行』の中で、次のように記しています。
 「私はそれから奥地や北海道を1900キロにわたって旅したが、全く安全で、しかも心配もなかった。世界中で日本ほど婦人が危険にも無作法な目にも遭わず、全く安全に旅行できる国はないと信じている。」
 こうして、無謀とも言えるイザベラ・バードの旅によって、日本人の外国人に対する理解も生まれたし、外国人の日本人に対する偏見もいくらか、なくなってきたとも言えます。
 聖フランシスコの有名な祈りとして、「平和の祈り」があります。
 「私をあなたの平和の道具として用いてください。憎しみのあるところに愛を、いさかいのあるところに赦しを、分裂のあるところに一致を、疑いのあるところに信仰を、誤っているところに真理を、絶望のあるところに希望を、闇に光を、悲しみのあるところに喜びをもたらす者としてください。」
 敬虔なクリスチャンであったイザベラ・バードも、同じような思いで、日本中を旅したようです。彼女はまさに、キリストの言われたような、「平和をつくる者」でした。
 「平和をつくる者は幸いです。その人は神の子どもと呼ばれるからです」(マタイによる福音書5章9節)。
 凶悪事件が後を絶たない今日この頃ですが、平和をつくる者の数が少しでも増えれば、人間社会に対する影響は決して、小さくないと思います。