真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

820万戸もの空き家

2015年3月3日(火)

 総務省統計局の資料によると、日本には、820万戸もの空き家があるそうです。5年前に比べ、63万戸(8.3%)の増加です。この問題で頭を抱えている政府は、空き家を放置し、活用していない人に対して、通常の6倍の固定資産税を課することに決めました。果たして、社会問題化している状況が変わるのでしょうか。
 しかし、何故、これだけ空き家の数が激増しているのでしょうか。何年か前に、自分の家を売却しようとした時のことを思い出します。近くの不動産屋さんに査定を頼みました。すると、ビックリ仰天するような安い価格を提示されました。その理由を尋ねたところ、「10年、経過しているので、建てた時より建物の価値が半分になります」と言われたのです。
私たちはきちんと家の手入れをしていたし、その話に納得できないので、「どうして、そうなるのですか」と質問しました。すると、相手は、「不動産査定表」らしき物を見せながら、表情一つ変えずに、「日本では、こういうことになっています」と言うのです。私はその言葉にひどく、腹が立ちました。別に傷んだ所がどこにもないのに、高いお金を出して購入した家なのに、ただ10年経過しているというだけの理由で、「半額になります」という話にどうしても納得がいかないので、「どうして、そのような不条理な話がまかり通るのですか」と更に質問しました。不動産屋さんはしばらく黙ってから、苦し紛れに、「今度、購入される方の気に入った間取りではないかも知れません」と言います。「では、一般的に受け入れられるような、使いやすい間取りであれば、価格はさほど、下がらないのですね」と言うと、返事はありませんでしたが、最後に、「日本特有の住宅事情があると思います。湿気も多いし、地震もあります」と言いました。そこで、私は一段と怒りの度が増して、こう反論しました。
 「アメリカにも湿気の多い地域もあるし、地震の起きる場所もありますが、だからといって建築してから10年後に家の査定額が半減するという話を聞いたことがありません。そんなのは屁理屈です。」
 私の話が相当、応えたのか、不動産屋さんは慌てて、帰る支度を始めました。そして、帰り際に、ポツンと、こう漏らしたのです。
 「まぁ、日本の建設業界の利益が最優先されているということでしょうね。」
 私はその言葉を、彼の本音と受け止めました。「20年経過したから、あなたの家には何の価値もありません」と言われれば、人は「じゃ、そろそろ建て直そうか」と考える。そうすれば、建設業界が儲かる。欧米の国々のように、50年も100年も同じ家に住まれては困る。このような思惑だったような気がしますが、日本の経済が振るわない中で、数10年ごとに家を再建したり、大幅なリフォームをしたりできる人はそういないのではないでしょうか。また、「建築20年以上の家には価値がない」と洗脳されている人々は、古い家に関心を示さずに、「新しい物のほうが良い」と考えるかも知れません。いずれにしても、820万戸の空き家は、深刻な社会問題です。
 「彼らは家を建てて住み、ぶどう畑を作って、その実を食べる。彼らが建てて他人が住むことはなく、彼らが植えて他人が食べることはない。わたしの民の寿命は、木の寿命に
等しく、わたしの選んだ者は、自分の手で作った物を存分に用いることができるからだ。彼らはむだに労することもなく、子を産んで、突然その子が死ぬこともない。彼らは主に祝福された者のすえであり、その子孫たちは彼らとともにいるからだ」(イザヤ書65章21―23節)。
 千年王国の様子を描いている聖句ですが、将来、神の約束が必ず実現することを信じて、不動産屋さんを赦すことにしました。