真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

 統一協会を脱会した女性(36歳)に付きまとったとして、警視庁公安部は3月7日、ストーカー規制法違反容疑で、埼玉県越谷市の信者宇佐美隆容疑者(42歳)を逮捕し、自宅を家宅捜索しました。公安部によると、宇佐美容疑者は全地球測位システム(GPS)機能のある携帯電話を女性の父親の車に付け、居場所を確認していました。調べに対して「ストーカー行為ではない」と容疑を否認しています。逮捕容疑は2010年6月8日から11月28日前の間、脱会により婚姻を破棄された女性を5回にわたり、都内の路上で待ち伏せたり、付きまとったりした疑い。公安部によると、女性は2007年2月、韓国で行なわれた集団結婚(合同結婚)の相手。女性は2008年12月に脱会し、婚姻を破棄しました。宇佐美容疑者は同月中旬以降、10数回にわたり、転居先の杉並区や千葉県銚子市を訪問。不審に思った女性は、2010年10月、車の底部に携帯電話が取り付けられているのを見つけ、警視庁にストーカー被害を相談しました。このほか、教団信者らが何回も女性の転居先を訪れて、教団に戻るように説得しており、公安部は組織的に連れ戻そうとしていたと見ています(『出エジプト会会報』2011年3月13日号より抜粋)。