真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

レイモンド・フランズ氏、死去

2012年2月16日(木)

 ものみの塔聖書冊子協会の元統治体成員で、組織の腐敗した体質を暴露した『良心の危機』の著者であるレイモンド・フランズ氏は六月二日に亡くなりました。88歳でした。1971年に統治体のメンバーとなったフランズ氏は、統治体の権威主義、非聖書的な行動と決断、偽善等に失望し、1980年にものみの塔を脱会。その後、執筆活動による組織の糾弾をすると同時に、組織に疑問を持っている現役信者、及び元証人の相談カウンセリングに専念していました。
 フランズ氏が亡くなって一週間後(6月9日)に、同じく統治体のメンバーだったセオドア・ジャラズも八五歳で、エホバの証人としての生涯を閉じました。他の成員から「ボス」というあだ名をつけられたジャラズは、一九七三年に統治体の仲間入りを果たしましたが、組織の「保守派」のリーダー的存在となりました。その融通の利かない、超保守的スタンスによって、多くのエホバの証人を苦しめたと言われています。その顕著な一例として、児童に対する性的虐待で長老が訴えられた場合、ジャラズは速やかに地域監督を派遣し、「訴えを止めないと排斥にする」と被害者を脅し、黙らせようとしました。その地域監督の中に、ガイ・ピアースという人がいますが、彼は後に(組織への忠誠の見返りとして?)、統治体のメンバーに任命されました。