真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

追いつめられてきた統一協会

2012年2月16日(木)

 全国霊感商法対策弁護士連絡会は7月28日、統一協会傘下の販売会社による違法な営業活動について、業務停止命令を出すよう、経済産業省および厚生労働省に申し入れました。その「違法な営業活動」とは、いわゆる「霊感商法」のことで、信者らは姓名判断や手相占いにより、「先祖が地獄で苦しんでいる」、「このままでは、あなたは事故に遭う」などと人を脅し、印鑑や壺などを高額で買わせます。こうした営業活動は特定商取引法等に違反するとして昨年来、沖縄、長野、大阪、新潟、福岡で刑事訴追が相次いでいます。また、今年6月には東京で統一協会傘下の販売会社「有限会社新世」の営業活動について、警視庁が7人の統一協会信者を特定商取引法違反で逮捕し、関係先の施設も家宅捜索しています。霊感商法被害は、戦後の詐欺商法の中でも最長で、1980年代初頭から始まっており、その被害総額は1千億円を超えると推定されます。ちなみに、信者らは、例え違法行為であっても、霊感商法はサタンの側である世から神の側に財を「復帰」することなので許されると思い込ませられています。