真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

 去る6月25日に急死して、世界中のファンに衝撃を与えたマイケル・ジャクソン。その死因に関する様々な噂が飛び交う中で、マスコミが注目していたもう一つの問題は、誰が残された3人の子供を引き取るのか、ということでした。最終的に、マイケルの母親のキャサリンに親権が与えられました。キャサリン・ジャクソンは熱心なエホバの証人で、今後、子供を王国会館に連れて行くつもりのようです。マスコミの取材に対して、「こんな時に子供たちに必要なのは、精神的な安定と、神との交わりです」と話しています。マイケルもエホバの証人として育てられましたが、1985年に組織から脱会しています。しかし、児童虐待の民事裁判で争っていた時に、子供と一緒に自ら王国会館に出向いています。その時、「子供たちは楽しかったようです。特に、集会の学びが気に入っています」とのコメントを出しました。パリス、プリンス、ブランケットは果たして、エホバの証人になるのでしょうか。