真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

 2009年3月15日の『日本経済新聞』の記事によると、2008年の夏、消化管内の大量出血で重体となった1歳男児への輸血を、エホバの証人の両親が拒んだそうです。これを受けて、児童相談所が、親権を一時的に停止するように家庭裁判所に求めたところ、家庭裁判所はわずか半日でその保全処分請求を認め、男児が救命された、ということです。両親は、「緊急輸血が必要である」と主治医からの説明を受けても、「宗教上の理由で」として、輸血を拒否していました。その「宗教上の理由」とは、「輸血は神の律法に反する。輸血を受ける(受けさせる)者は、神の楽園に入れなくなる」という、ものみの塔聖書冊子協会の教理のことです。病院側は、日本小児科学会などの関連学会が2008年2月に合同でまとめた指針に従って、「生命の危険がある」と児童相談所に通告しました。その通告を受けた児童相談所は、児童虐待の一種である「医療ネグレクト」(医療の責任放棄)と判断し、すぐに必要書類をそろえて、両親の親権喪失宣告を申し立てましたが、家庭裁判所は異例の早さで、親の意思より子供の福祉が優先されるべきである、との判断を示しました。病院はこれを受けて、親権代行者の同意を得た上で治療を実施した、とのことです。