真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

韓国の教会乗っ取り異端集団

2012年2月16日(木)

 今、韓国のキリスト教会に深刻なダメージを与えている異端集団があります。その正式名は、「新天地イエス教証拠幕屋聖殿」です。会長の李(イ)マンヒの神秘体験に基づいた教理は、特に聖書の黙示録の解説に重点を置くもので、「啓示の御言葉」を受けていない一般の牧師たちには分からないということですが、その特異な教えを広めるために巧妙な手口を用いています。「新天地イエス教」のメンバーは厳しい訓練を受けた後、正統キリスト教会の信徒になりすまし、3年から10年、潜伏します。その間、熱心に集会に出席して、模範信者を装い、奉仕もします。やがて、セルグループのリーダーになったり、教会役員になったりします。信徒たちの信用を得たところで、少しずつ、個人的に新天地の教理を吹き込み、教会員の心を奪い、最後には牧師解任を決議して追い出し、新天地出身の牧師を招聘する、ということです。このような「教会乗っ取り事件」は、韓国で増え続けています。また、在米韓国人社会においても、新天地の活動が活発化しています。更に、在日の信者数も増えており、4か所の拠点から組織の拡大を図っています。