真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

ものみの塔協会の「最新の光」

2012年2月16日(木)

 今年の夏のエホバの証人大会で、『来て、わたしの追随者になりなさい』という本が発表されました。12頁には、「この本は、イエスの生涯と宣教を漏れなくまとめ上げることではなく、イエスのあとに従う方法をいっそうよく理解できるようにすることを意図しています」とありますが、キリストの行動、態度、話し方等を聖書から紹介してから、「私たちもキリストの模範に従っていきましょう」と結論づけています。これは基本的には正しいことですが、この本に欠けているのは、信じる者とキリストとの親密な交わりがあって初めて、キリストのように歩めるようになるという点の強調です。つまり、エホバの証人は努力次第でキリストの足跡に従うことができると考えています。基本的には、エホバの証人にとっては、イエス・キリストはあくまでも良き模範となってくれた人物です。しかし、新約聖書は、『ぶどうの木の例え』にもあるように、キリストと霊的に結び付いている者だけが、キリストの命を受けて、キリストの御姿に似た者に変えられるのです。キリストの教えを受けて、それを実行しようと決意するというだけの問題ではないのです。「わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。人がわたしにとどまり、わたしもその人の中にとどまっているなら、そういう人は多くの実を結びます。わたしを離れては、あなたがたは何もすることができないからです」(ヨハネ15章5節)。ちなみに、ものみの塔協会は、枝としてぶどうの木につながっているのは、14万4千人の残りの者(生存しているの8,758人とされている)だけです。この約束から除外されている一般信者は、自分の努力だけでとてつもない高い目標に挑む訳ですから、今後も、精神的に病んだり、疲れたりする人が続出しそうです。