真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

エホバの証人、王国会館を放火

2012年2月16日(木)

 去る6月15日、王国会館(エホバの証人の集会場)に火をつけたとして、警視庁荻窪署は信者で主婦の緒形直子容疑者(46歳)を逮捕しました。調べによると、緒形容疑者は15日午前8時5分頃、杉並区上井草にある王国会館の玄関ドアの窓ガラスをハンマーで割って侵入し、1階の椅子にライターで火をつけ、天井や床など約54平方メートルを燃やした疑いです。10年程前からエホバの証人になっていた同容疑者は、「夫が排斥されたことに憤慨した」と容疑を認めています。王国会館の放火事件は韓国などで信仰に反対する家族の手によって起きていますが、現役の信者が集会場に火をつけたのは、世界でも例を見ないことです。