真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

『ものみの塔』誌、縮小へ

2012年2月16日(木)

 2月9日付の会衆宛の手紙によると、ものみの塔聖書冊子協会は2008年1月1日より、配布用の『ものみの塔』誌の印刷が、月に1度だけになるそうです。毎月1日に発行される雑誌は、一般の人向けの内容となり、いわゆる「研究記事」は掲載されず、15日に発行される『ものみの塔』誌は、信者だけのための研究用で、一般の人には提供されません。組織の説明では、雑誌を「配布用」と「研究用」に分けることによって、一般人に難しい専門用語(「神権家族」など)の解説をする必要がなくなり、伝道しやすくなるそうです。しかし、他にも、幾つかの理由があるようです。一つは、経費の削減です。現時点で、『ものみの塔』誌は、毎号、2,000万部、印刷されていますが、[研究用」の雑誌は信者数に見合う約650万部の印刷で済みます。更に、「配布用」の雑誌はフル・カラー印刷されていますが、「研究用」のものは、デザインに手をかける必要はありません。『ものみの塔』誌の印刷部数の削減(約33%)は、同誌を読む人、寄付を出して入手する人の数が激減していることも示しています。こうして、毎月1日号はすべて、一般の人向けになるということで、『目ざめよ!』誌は数年のうちに廃止されるのではないか、と専門家は見ています。