真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

マインド・コントロール認定

2012年2月16日(木)

 栃木県那須町のCD制作会社「ホームオブハート」が開催した自己開発セミナーに参加した女性(38歳)が、マインド・コントロールされて多額の金銭を支払わせられたとして、同社に損害賠償を求めた訴訟の判決が、2月26日、東京地裁でありました。野山宏裁判長は、「原告にマインド・コントロールを施し、指示どおりに所持金や借入金を支払う人間に改造した。他人をマインド・コントロールされた状態に陥れるのは社会通念上、許されない違法行為だ」と述べ、約1,540万円の支払いを命じました。判決によると、女性は2002年8月、「ホームオブハート」の自己開発セミナーに参加しましたが、その後、スタッフなどから「セミナーをやめると地獄のような人生を送ることになる」と言われたり、長時間、罵倒されたりしてマインド・コントロールを施され、2003年1月までにセミナー参加費など1,200万円以上を支払い続けました。一方、「ホームオブハート」の弁護士は、「マインド・コントロールの事実はない」として、控訴する方針です。