真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

 10月16日付の『クリスチャン新聞』の報告によると、統一協会の合同結婚式によって、韓国人男性と結婚し、渡韓した日本人女性の数が6000人にも上るそうです。また、驚いたことに、相手の韓国人男性の多くは統一協会員ではなく、結婚相手の見つからない農村の男性や、何らかの問題を抱えている男性を、日本人女性との結婚をおとりに集めたケースがあるといいます。結果的に、過酷な労働をさせられた女性たちは、自殺に追い込まれたり、事故で大怪我をする例も報告されています。こうした哀れな女性たちの救出に、日韓教会の相互協力が不可欠であるとして、来年1月18-19日に『統一協会問題についての日韓教会フォーラム』がソウル市内で開かれることになりました。日本から、統一協会問題キリスト教連絡会に加盟している各教派の代表、及び、被害者家族や被害救済に取り組んでいる弁護士を含めて、約30人が参加する予定です。韓国の教会関係者に日本の被害の実情を知らせると共に、今後、どのような相互協力ができるかを模索するとしています。更に、『クリスチャン新聞』は、教祖の文鮮明の最近の動きについて、「在日韓国朝鮮人団体である民団と朝鮮総連を4年間で統一すると豪語し」ていると述べています。また、同教祖は、依然として、壷や本などを法外な値段で販売しており、「ヨンピョンのリゾート施設を手に入れたり、ピョンヤンに『世界平和センター』と称して会議室を保有、ソウル市のヨイド地区に1万坪以上の土地を確保して60階建ての超高層ビル建設を計画する」等、かなりの経済力を維持しているとのことです。