真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

 6月24日に、大阪クリスチャン・センターで行われた『カルト問題特別セミナー』の中で、カルト問題の専門家として知られている村上密牧師(七条基督教会)は、講演の中で、教会のカルト化は教会成長が叫ばれ始めた1980年代から始まったと分析しました。教会員の増加によって牧会は手薄になり、やがて牧会者ではなく、絶対的権力を持つ支配者となって、信徒に隷属を強いるようになりました。聖書のみことばは悪用され、信者は恐怖心で縛られていきました。「教会成長という美名のもとに、なおざりにされた牧会の復権が、今、日本の教会に求められています」と、村上師は最後に、集まった牧師たちに訴えました。