真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

 去る10月30日に、東京のお茶の水クリスチャン・センターに於いて、『エホバの証人第10回被害者全国集会』(主催:エホバの証人被害者全国集会実行委員会)が開催されました。「エホバの証人の不当な苦しみから一刻も早く逃れたい、解放されたい、被害者をこれ以上産み出させてはいけない」という一念と情熱で、10年前にスタートした当集会は、『10周年記念アピール』として、次の文書を発表しました。

 「私たちは、被害を経験した者、あるいは被害を受けている者として、第10回の全国集会の名において以下のことを、国民にアピールします。

1)「ものみの塔」の偽善や欺瞞と異常さを多くの人に知らせる活動を継続します。
2)ころころ変わる「輸血拒否」の教義の歴史とご都合主義の真実を宣伝します。
3)マインド・コントロールによる「二者択一思考による人格破壊」の手法を国民に知らせ、被害を食い止める活動を継続します。
4)被害者でもあるエホバの証人が、家族と平穏な生活を送れるよう説得と救出支援を継続します。」

 尚、今回の集いの基調講演者として、『オウム真理教 家族の会』代表の永岡弘行氏が迎えられました。永岡氏は、講演の中で、なぜ高学歴の若者がカルトに走るかを分析しました。同氏は、子供が1988年に、オウム真理教に入信し、それ以来、当教団と戦ってきました。その中で、VXガスをかけられたり、危ない目に遭ったりして、今なおその後遺症が残っていますが、立法・行政に訴えても、何もしてもらえなかったとのことです。 集会の最後に、『輸血拒否死亡者追悼式』が行われました。